海外就職&留学のLINE質問グループを始めました

【経験談】アマゾンジャパンの面接対策

アマゾンジャパンの面接対策

  • アマゾンジャパンの面接対策で必要な情報が欲しい
  • どんな質問が聞かれるの?
  • 具体的な質問と、その回答例が見たい。

このような声にお応えするために、本日は自分の経験談を書き留めたいと思います。

  • 応募方法
  • 面接前に目を通すべきドキュメント
  • 面接のコツ

参考までは僕は過去に3回ほどアマゾンの面接(マーケティング職)に挑戦しました。

残念ながら一度も通過できなかったのですが、前回「シニアマーケティングマネージャー」という比較的位の高いポジションで最終選考まで進んだこともあり、面接を通じて学んだ内容をここに書き記したいと思います。

あっさりと面接を通過した天才たちのアドバイスを聞くのもよいですが、失敗を重ねて軌道修正しながら努力した凡人のアドバイスもおそらく役に立つのではないかと思います。

ヘイショー

現在応募している方は、頑張ってください!

応募する方法

自力で応募する、転職エージェント経由で応募する、アマゾンの人事から声がかかるの3つの応募方法があります。

この中でもっとも一般的な方法は転職エージェント経由です。

自力で応募する

アマゾンの求人サイトは充実しているので、自分から応募することは可能です。

以下のサイトから見つけることが出来ます。

» 東京の求人 | Amazon Jobs

メリットとしては自分の好きな職種に応募できること。

ヘイショー

気長にチャンスを待てる方におすすめ。

デメリットとしては、求人で求められる人物像と自身のスキルセットが合致しているかを自身で判断するのは難しいところでしょうか。

転職エージェント経由

もっとも一般的な方法で、LinkedInに英語で経歴を登録していると向こうから声がかかってきます。

メリットは、いろいろアドバイスしてくれたりスケジューリングのところで気を遣ってくれるので助かります。

デメリットは採用となった時にAmazon側が転職エージェントに高い手数料を払うことですが、こちらはAmazon側がどのくらい気にしているのかは分からないです。

Amazonの人事部門経由

これはレアケースかもしれませんが、自分は前回の面接時は人事の方から直接声を掛けてもらいました。

この時は最終のループ面接まで進めたのですが、おそらく高確率で選考を進めていけるのではないかと思います。

ヘイショー

ただ転職エージェントと比較するとスケジュールや面接対策のサポートが無いので、ある程度自分でしっかり準備する必要はあります。

面接のプロセス

書類選考後のアマゾンの面接は主に1次面接とループ面接が主となります。

ただし自分の場合は2次面接もありましたので、場合によっては回数が増える可能性もあります。

  • 1次面接 … 直属の上司になる方と面談します。
  • 2次面接 … ネットで見たところ2次面接を体験した人は少ないようですが、自分の場合は2次面接が入りました。ループ面接で外国人が多かったので、ここで英語力が問題ないかを見ていたのかもしれません。
  • ループ面接 … 45分x5人と面談します。仕事に関わるであろう方が多数ですが、第三者からの評価を入れるために仕事に関わらなさそうな方も入る場合があります。

1次面接の内容と対策

1次面接では直属の上司になるであろう方といきなり面接します。

内容は、①簡単な自己紹介②志望動機、から始まり、エピソードトーク+フォローアップの質問へ入ります。

エピソードトークの答え方

面接前にアマゾン側からも指示が来るのですが、エピソードトークは以下のルールに基づいて回答することが要求されます。

  • STARメソッドを使用する
  • We(チームで取り組んだ内容)ではなくI(個人が取り組んだ内容)を使用する
  • KPIに対してどの程度の影響が出たかを数字で説明する

ヘイショー

れらの内容は1次面接でも最終面接でも共通して必要になりますので、必ず準備して練習しておくことをお勧めします。

参考 STAR メソッドを使って行動面接の質問に回答する方法 | Indeed

質問と回答例

  • 質問
    • カスタマー(クライアント)の期待以上の結果を届けたこと時の話を教えてください。
  • 回答
    • Situation(状況) … デジタルエージェンシーで働いていた時に、10件くらいクライアントサイトの売上向上のためのプロジェクトをアサインされた。
    • Task(課題)… 各サイトをSEO対策して「〇〇 〇〇」などのキーワードを攻略しようとしたものの、まとめサイトやポータルサイトが強くて苦戦した。またSEM広告も一般ワードでのCPAが思うように下がらずに断念した。
    • Action(行動)… 当時はキューレーションサイトがSEOに強かったため、活用することに。「〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」のような記事を〇〇〇〇へ4本投稿。〇〇〇〇に30本投稿した。
    • Results(結果)… 「〇〇〇〇」「〇〇 〇〇」やその他ロングテールなどで検索1位を獲得。月〇〇本ほどの成約、〇〇万の売上、サイトへのクリック数が〇〇〇〇ほど発生した。〇〇〇〇ではPVが月〇〇万PV、サイトへのクリックが月〇〇〇〇ほど発生した。

ループ面接(最終面接)の対策

ループ面接では5人 x 45分をぶっ続けで行うという過酷な内容でした。

基本的に1次面接の内容を違う人5回繰り返すという認識でOKです。

注意点としては、各面接ではそれぞれ別のエピソードトークを行うことが推奨されます。

面接後は面接官5人で協議して採用可否を判断するそうです。

メンバー構成は部門の上長、直属の上司(1次面接の人)、他部署で業務に関わりそうな人2人、他部署であまり関わらなそうな人1人、みたいな構成です。

ネットの情報によると、ここでバーレイザーという決定権に強く関わる人物がいるのですが、これが誰になるのかは特定することは出来ません。

ヘイショー

直属の上司が「早く採用したい」という気持ちを持っていて人材を公平に判断できなくなるのを防ぐことを目的としているようです。

アマゾン面接の特徴

僕が過去に受けた3回の面接と、ネットで調べた情報からアマゾン面接の傾向をまとめていきます。

企業理念(リーダーシッププリンシプル)へフィットしているかどうかが図られるような質問で構成される

リーダーシッププリンシプルというのはアマゾンの企業理念のことで、カスタマーファーストやデータドリブン、自主性を持つ、困難に立ち向かう姿勢などを教訓とした内容になっています。

面接ではこれが評価項目となるため、まずはこのドキュメントを読み、求めている人物像を確認することをお勧めします。

参考 Amazonのリーダーシップ・プリンシプル | aboutamazon.jp

自己紹介、志望動機などはあっさり終わる、その後のエピソードトークはかなり深堀りされる。

自己紹介、志望動機など一般的な面接で聞かれるような内容はアマゾン面接でも聞かれます。ただし時間的には5分~10分ほどで、ここに関してはあっさりしています。

ヘイショー

「5年後の自分は?」みたいなテンプレに沿ったようなくだらない質問は聞かれないので用意する必要はありません。

エピソードトークでは詳細に確認される

その後は「過去にユーザーファーストな試みを行った経験のことを話してください」「自分の提案が他の人によって反対された時の経験談を話してください」といった鋭い質問に対して自分の経験談を伝えます。

その後フォローアップの質問で詳細を聞いてきます。

誰が主体的に動いたのか、KPIは何だったのか、成果は具体的な数字でいくらほど出たのか、など。

もしエピソードトークで嘘をついたり、他人の手柄を自分の手柄のように話してしまうとここでつっかかってしまうので嘘は絶対にNGです。

ヘイショー

また、昔の話だとうろ覚えの部分が多くなってしまうので、出来るだけ直近のエピソードを伝える方がよいです。

過去の成果よりも人間性を見られている

アマゾンは抜群な実績を持ったスーパースターよりも、困難な状況でも愚痴をこぼさずひたむきにベストを尽くす会社員の鏡のような人材を探しているため、人間性を重要視しています。

ちなみにこれはアマゾンに限らず、能力よりも人間性を重視するのは最近の採用の傾向です。特に管理職以上のポジションになるとこの傾向は顕著になります。

面接では今の会社や上司、同僚に対するネガティブな言動は厳禁です。

アマゾンの人事の方も「他人を見下すような態度が垣間見える応募者は入社後にもトラブルを起こす可能性が高いので、そこは注意深く見ています」とはっきりと明言されています。

面接で聞かれる質問例

  • 自分のアイデアが上司、または同僚に反対された時の話
  • カスタマーファーストな施策を行った時の話。
  • カスタマー(クライアント)の期待以上の結果を届けたこと時の話
  • 納得のいかない評価を上司からされたときにどうするか?
  • 仕事で苦労したこと、 失敗して乗り切った経験について
  • 重大な問題を見つけ出したときのことについて。特に、なぜ問題があるとわかったのか?
  • 複雑な問題に直面した時のことついて。特に、適切な解決策または打開策をどのようにして見つけたか
  • 仕事でリスクを伴う意思決定がこれまでにあったか?
  • 上司が扱うべきと思われる問題を自ら対応したときについて
  • 現在のポジションで、どのような決断が求められるか。重要な決断の例を挙げてどうか?
  • 複数の問題を関連づけて、根本にある共通の問題を見つけ出したときのことについて
  • 自分の強みは何か? それによって、何かを変えた具体的な例は?
  • 今までに上司などに指摘されたことと反省点
  • 今までの成功事例のなかから何かひとつを、数値を用いて説明せよ
  • KPIを設定して動いたことはあるか? どんなKPIで、その結果は?
  • もっとも頻繁に確認・分析する数値は何か、頻度はどれくらいか?
  • チームで仕事をしていて、うまくいかなかったケースについて、どう対応したか?
  • 上司や同僚とプロジェクトを進める上で意見が異なった場合の対処方法は?
  • 言うことを聞かない相手への接し方は?
  • 異なる部門とのコミュニケーションで大切にしていること
  • 自分のチーム内に存在する問題を理解しようとして、いくつものレイヤーを掘り下げなければならなかったときのことについて、誰と話したか? あるいはどのような情報がもっとも役に立ったか
  • 行動を執る前に、上司に相談すべきと感じたときについて。目的達成のために、慣習や方針に反する必要がこれまでにあったのか? どのようにその必要性を判断したか? その行動によってどのような影響があったのか?

自分が行った面接対策

基本的な質問を用意する

自己紹介、志望動機など、他の面接でも聞かれるような内容を用意します。

「自分の強みは?」「5年後の展望は?」のような質問は聞かれないので、この2つで十分だと思います。

強いエピソードを最低15個以上用意する

質問された内容をその場で考えてフリースタイルで話すよりも、事前に準備した内容を話す方がはるかにまとまることが多いです。

15個で十分かは分かりませんが、あらゆる質問に対応できるエピソードを出来るだけ多く準備してメモしておくと良いです。

1次面接とループ面接で合計10個以上のエピソードトークを行う必要があります。

それぞれ被らないようにするためには出来るだけ多く用意した方がよいです。

各質問に対して、どのエピソードを選択するかを瞬時に判断できるように練習する

面接官に質問されたときに、用意したエピソードのどれで勝負するかを瞬時で判断する必要があります。

ここが非常に難しいところで、今までの経験では後から「あの質問にはこのエピソードで勝負すればよかった」と思ったことが数多くありました。

フォローアップの質問では、正直に答える

各エピソードトークに対してフォローアップの質問が5個ほど続くのですが、ここは正直対策が難しいのではないかなと思います。

ただし辻褄が合わないことだけは避けるために、内容は必ず嘘偽りなく話すことをお勧めします。

まとめ

内容がお役に立てれば幸いです。

ヘイショー

質問などあればコメント欄へどうぞ。ご精読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です