フィリピンのマニラで猛威を振るうオーストラリア人詐欺師に騙された話

これは、私がマニラでオーストラリア人の詐欺師に大金を騙された時の話です。2013年くらいの話。一人のおっさんを助けたいと思い、親切心でお金を貸してあげたところを裏切られたという悲しいストーリーとなっています。

ちなみにこの詐欺師はマニラによく出没し、日本人を騙しまくっているらしいので、これからフィリピンのマニラに行く方や在住の方には是非読んで頂きたいと思います。

このオッサンと知り合ったきっかけ

平日の昼間にマカティの道を歩いていると、道に迷っていそうな白人のおっさんが歩いていました。心配そうなので様子を見ていると、案の定道を聞いてきました。

今の現在地を教えてくれないか??

詐欺師

名前

今ここら辺だよ。どこに行きたいの?
Nowhere(どこでもない)

詐欺師

そしてそこから長いストーリーを話し出しました。

 

全財産、荷物を失って途方に暮れていた

ボラカイにスキューバダイビングに旅行に来たものの、フェリーで寝ている時に貴重品の入ったバッグを盗まれたらしい。現地の警察に行ったけどたらい回しにされた挙句マカティの大使館に来たけど、オーストラリア大使館が5時を回ってすでに閉館していたので一文無しで途方に暮れていたとの事

これ以外にもフィリピンで起こった悲惨なエピソードを聞かされ続け、お金は貸したくないけど自分に出来ることくらいはしてあげようと思いました。

 

その日中に飛行機のチケットを手配しなければならなかった

このおっさんは元々マニラ – シンガポール – オーストラリアのルートで帰る予定だったのですが、マニラ~シンガポール間の航空券は盗まれたので、その日中に手配しなければならないとのこと。この日の夜のフライトに間に合わなければシンガポール~オーストラリアのチケットも無駄になるので、なんとしてでもこの日中にシンガポールへ向かわないという事情を2時間くらいかけて説明されました。

 高級時計を預ける代わりにチケットを手配して欲しいとの事

そこでおっさんが身につけていたタグホイアの時計を私に預けるけるかわりに、チケット代を立て替えてくれないかという話になりました。。了承はしませんでしたが、とりあえず時間がないので空港に向かうことに。

 

マニラの空港向かう事になった

私がマカティ内でこのオーストラリア人と話していたのが夜6時くらい。マニラ~シンガポール間のフライトの最終便が夜9時くらいなので、「もう空港に行かないと間に合わないよ」という話になりました。

マニラ~シンガポール行きの航空券が2万5千ペソ(日本円約6万円)。普通はもっと安いのですが、ダイビングの道具があるので荷物の超過量を合わせるとこのくらいになるとの事。ネットで調べてみましたが、たしかにこの金額で合っていました。

かわいそうな事に、このオッサンに2万5千ペソを貸してくれる人が現れなければ、このオッサンが今持っているシンガポール – オーストラリア間のチケットが無駄になり、さらにこのオッサンはマニラで路頭に迷う事になる。

 

空港に到着するも、空港内に中に入れない

マニラ空港のターミナル1の空港へ到着。タクシーでの道中でもこのおっさんはフィリピンで起こった不幸話をノンストップで話続けていました。二人で空港の中のチケットカウンターに向かいますが、航空券がないと空港内に入れないとのことでセキュリティーに止められます。オッサンは「熱が出てきた」と言ってベンチに座り出してしまいました。。

仕方無く、ATMでお金を下して現金を渡すから、空港の中に入って自分で買ってくるようにと彼に言いました。

おそらくこの時は時間に迫られていたこと、また予想外の出来事が次々に起こったこのによって気が動転していたのだと思います。また3時間くらいこのおっさんの話を聞き続けている内に、「どうやってこのおっさんを助けるか」ということしか考えなくなっていたのかもしれません。。

 

2万5千ペソの現金を渡した

空港の近くのATMでお金を下ろし、おっさんに2万5千ペソを渡し、代わりにタグホイヤの時計を受け取りました。

住所と連絡先などは事前に確認済み。オーストラリアに無事に帰れたら海外送金するから、必ず時計は送り返して欲しいとの事。そして彼は空港の中へと消えて行きました。

この時、騙されたことにまだ気付いてなかった私は誇らしげな気持ちで家に帰ったのでした。

 

詐欺師だと気付いた瞬間

その夜は友人などに連絡し、「今日一人のおっさんを助けたんだ(^-^)/」と自慢気に話をしたりしましたが。。次の日会社に出勤して隣の席の同僚にその話をしていた時、話を聞いていた別の同僚が私に向かって言った一言。

それ有名な詐欺だよ!!!

同僚T

聞いた瞬間、顔が真っ青になりました(x_x;)

鳥肌は90度に立ちました。(´д`lll)

もちろんタグホイヤーの時計は偽物でした。

 

オーストラリア人詐欺師の実態

聞いた所によると、このオーストラリア人は過去に全く同じ手口で日本人を騙しまくっているらしい。同僚の知人も数名被害にあっており、ネットで検索するといくつかの被害報告が出てきました。

この時の悔しさは今でも忘れません。フィリピンの超安月給で節約生活を強いられていたこの頃、2万5千ペソを失った事は普通に痛かった。。オーストラリアで学んだ、他人への思いやりが裏目に出ました。オーストラリアでは、道端の見ず知らずのやつがタバコくれとか言うと普通にあげるし、友達が金持ってなかったら出してあげるとかいう文化がある。

良きも悪きも、フィリピンで人を信用しなくなったきっかけとなりました。

 

半年後、このおっさんの目撃情報が入る

事件から半年が過ぎようとした時、同僚のKさんから一本の電話が入りました。

前に詐欺にあったって言ってたオーストラリア人ってどんな人でしたっけ?

同僚K

Kさんはこの時まさに同じ目に遭いかけている最中で、途中で詐欺だと気付いたので私へ連絡してくれたとの事。

 

急いで現場に駆けつけた!!

このオッサンには必ず借りを返したいと思っていたので、急いでKさんのいる現場に駆けつけます。

現場に到着したもののKさんの姿は見当たらず。。Kさんに電話してみると、オッサンは勘付いたのか逃げるようにその場を離れ、後をつけていたKさんもオッサンがジプニーに乗ったタイミングで上手く撒かれたとの事でした。

 

実際にこのおっさんを逮捕することは出来るのか

冷静に考えると、このオッサンを逮捕するのは難しいというのが現状です。なぜなら、このオッサンにお金を貸した時に明確な返済期限を設けていないし、書面で保証書を書いてもらった訳でもない。実際に捕まえる事ができても「返すつもりだった」と言われればこちらの負けです。

できる事があるとすれば、おそらく100人以上はいるであろう被害者をできるだけ多く集め、このオッサンが詐欺師である証拠を実証できるケースを探す事くらいでしょうか。

そうすればこのオッサンを監獄に入れる事くらいはできるのではないかと思います。捕まえる事ができればの話ですが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です