フィリピン・バギオの超スパルタ語学学校の留学時代の思い出

会社で頑張ることはやめて、一歩引いた視点で考える

以前2011年の12月にフィリピンのバギオに1ヵ月語学留学していた時代がありましたので、その時の経験談を綴ります。

当時オーストラリアのワーキングホリデーを終えた私は、自分の英語力がどれだけ伸びたかを試す為に、IELTSの試験を受ける事を決心しました。

ただしIELTSの試験はとんでもなく難しいので、学校である程度勉強してからテストを受験しようと思いました。

そんな時にネットで見つけたのが「IELTS専門学校CNS-2」

「オーストラリアで1年留学した後になぜフィリピンに?」と聞かれる事は少なくもありません。

当時私の中で頭にあったのは、

「英語には2種類の勉強法がある。1つはネイティブの友達とツルんでただただ話す事、もう一つは机に向かって地道に努力する事。」

という考えです。

言うまでもなくIELTSは後者であり、机に向かってただただ勉強するのであれば、場所は欧米やオーストラリアである必要はないと考えたのです。

そんな時、このCNS-2を見つけ、通う事を決心しました。

いざ学校へ入学してみると、生徒は自分以外全て韓国人。

欧米に移民を試みている30代の男性が多かったです。

仲良くなったのは、元サムスン社員の「サムエル」、元カナダ留学者の「パン」、ただ英語留学者の若者「ナイン」。

全体的に皆英語は上手くなかったですが、過去に受けたIELTSのスコアや模試ではすごいスコアを持っていました。。。

学校は噂通りの超スパルタで、朝8時から夜11時まで勉強漬け。

平日は外出禁止。

休日外出可能だが、門限が夜の2時まで。「入学者のほぼ全員は2週間後に鬱になる」と言われている程の事はあります。

カリキュラムが良いかどうかはわかりませんが、とにかくあれだけ勉強すれば当然スコアは伸びるわな。

というようなスケジュールにより、管理人も無事アカデミック6.0を獲得しました。

これだけ集中して勉強できたのは生まれて初めてというくらいの経験で、今思うとこの合宿で相当英語力が伸びたと思います。

無事1ヵ月で地獄の牢獄生活を脱出できたのでありました。。。

最後に

ちなみにこの「CNN-2」は既に潰れてしまいました。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です