フィリピン留学で注目の街。ドゥマゲテ(Dumaguete)の紹介

フィリピン留学で注目の街。ドゥマゲテ(Dumaguete)の紹介

こんにちは、世界のヘイショーです。

ふきげん猫ちび

フィリピン留学で、ドゥマゲテに行くことを検討している。
フィリピン留学の場所はどこがいいかな~?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

ドゥマゲテってどんな街?

このような内容について詳しく知るために、ライターのAhmadさんにインタビューしました。

以下の内容について、体験談を交えてお話いただきました。

  • ドゥマゲテの行き方
  • どんな街?
  • おすすめスポット
  • 治安
  • 気候
  • ドゥマゲテ留学の魅力TOP3

Ahmadさんは2か月ほどドゥマゲテに留学されていたそうなので、生の体験談を見ていただけると思います。

それでは、ご覧ください!

ドゥマゲテの場所

ドゥマゲテはフィリピン中部にある、ネグロス島の東側にある都市です。

ネグロス島はフィリピンの中では4番目に大きい島で、東にセブ島、南にミンダナオ島があります。

日本からドゥマゲテへの行き方

日本からドゥマゲテに行く場合、主にマニラから行くルートとセブから行くルートの2つがあります。

マニラから行くルート

日本からマニラまで飛行機で行き、マニラの空港で国内線に乗り換えてドゥマゲテまで行くことができます。

私はこのルートでドゥマゲテの学校まで行きました。

東京からマニラまで約4時間30分、マニラからドゥマゲテまで約1時間20分のフライトです。

マニラの空港はターミナル間がとても離れており、移動に時間がかかります。

国内線に乗り換える際にターミナルを移動しなければいけない場合は、乗り継ぎ時間に3~4時間を見ておくと良いでしょう。

セブから行くルート

もう一つはセブから行くルートです。

まずは日本からセブまで飛行機で行き、セブの空港から国内線でドゥマゲテまで行くか、またはバスか船で行く方法です。

東京からセブまで約5時間、セブからドゥマゲテまで国内線で約30分、バスと船で約6時間となっています。

ドゥマゲテってどんな街?(特徴)

【体験談】フィリピン留学2か月の費用と効果 in ドゥマゲテの語学学校

フィリピン随一の学園都市

ドゥマゲテの人口は約13万人。

そのうち約30%を学生が占めており、ドゥマゲテはフィリピンの中で学園都市として有名です。

ドゥマゲテ市内にはシリマン大学やセントポール大学、ノース大学、フォンデーション大学などの規模の大きい大学があります。

街中を歩いていると大学生の姿を多く見かけ、英語の通用度も高く感じられます。

シリマン大学では英語の留学生を受け入れており、私が通っていた語学学校にもシリマン大学で英語を勉強する予定の日本人がいました。

学費は忘れてしまいましたが、かなり安くて驚いたことだけは覚えています。

適度な広さで移動が便利

ドゥマゲテは決して都会ではありません。

そのためマニラやセブなどの都市部と比べると、街の規模は小さいです。

逆に言うと街全体がコンパクトにまとまっており、どこに行くにも移動が便利です。

娯楽施設やレストラン、ショッピングモールなどは大抵街の中心部に集まっているので、短い移動で簡単に回ることができます。

ドゥマゲテ市内の交通事情

ドゥマゲテ市内にはタクシーがありません。

主な移動手段はトライシクルとバスの2つです。

トライシクルとは乗り合いの三輪タクシーのことで、ドゥマゲテ市民や留学生たちの日常の足となっています。

ドゥマゲテの主要スポットであれば、大体10~20ペソ(約20~40円)で移動できるのでとても便利です。

バスも走っていますがあまり本数が多くないことと、慣れていないと行き先が良く分からないことから、初心者には利用が難しいかもしれません。

エアコンが効いているので使いこなせると快適です。

ドゥマゲテは観光の拠点地

ドゥマゲテ自体には目立った観光スポットありませんが、周辺にはたくさんの観光スポットがあります。

ボホール島やシキホール島、アポ島などがドゥマゲテからアクセスしやすい場所にあり、日帰りや1泊で行くことが可能です。

ドゥマゲテ市内のおすすめスポット

ドゥマゲテは地方都市、学園都市なので目立った観光スポットはほとんどありません。

ここではドゥマゲテで語学留学する際に日用品の調達や、週末のリフレッシュなどにおすすめのスポットを紹介します。

ボリーバード

View this post on Instagram

Happening tonight #kasikas #dumagueteblvd.

A post shared by Barbie😎 (@bhibarbs) on

「ボリーバード」はドゥマゲテの海沿いにある、おしゃれストリートです。

おしゃれな雰囲気のレストランやカフェ、バーなどが立ち並び、外国人観光客に人気のスポットとなっています。

夜になると屋台や露店がたくさん出始め、地元のフィリピン人たちが集まってにぎやかです。

美味しいステーキやピザ、パスタなどがリーズナブルな価格で食べられるので、週末のリフレッシュにピッタリですよ。

ロビンソンモール

「ロビンソンモール」はドゥマゲテ市内で最も大きいショッピングモールです。

と言っても2階建てなので、日本の標準的なモールに比べると規模は小さいです。

モールの中にはファストフード店やカフェ、レストラン、フードコート、衣料品店、ドラッグストア、そして日用品やお土産購入にピッタリな大きいスーパーが入っています。

ケソンパーク

「ケソンパーク」は街の中心地にある、ドゥマゲテ市民の憩いの場です。

広々とした敷地内にはたくさんの緑が広がり、夜になると公園の前にあるベルタワーがライトアップされて美しい光景を楽しむことができます。

ケソンパークでおすすめなのが、青空マッサージです。

プラスチックの椅子を並べただけの簡易マッサージで、地元民を中心に人気があります。

マッサージする箇所によって料金は異なりますが、大体100円以下と破格です。

私も上半身のマッサージをしてもらいましたが、中々気持ちよかったですよ。

治安の良さはピカイチ!

View this post on Instagram

Sea to summit

A post shared by James Palmer (@jepalmer100) on

一般的にフィリピンと聞くと「治安が悪い」と思う人が多いのではないでしょうか?

確かにマニラやセブなどの都市部では治安が悪く、ぼったくりやスリ意外にも強盗などの凶悪犯罪に気を付けなければいけません。

しかしドゥマゲテはマニラやセブと違い、治安の良さはピカイチです。

地方都市でのんびりとした雰囲気であること、学園都市なので学生が多いことなどが治安の良さの理由と思われます。

女性1人で市内中心部を歩いていても、犯罪に巻き込まれることはほとんどありません。

人通りが少ない場所は注意が必要ですが、繁華街なら夜の外出も可能です。

私がドゥマゲテに滞在していた時は、嫌な思いや危ない目にあったことは一度もありません。

ただし最低限、財布を後ろポケットに入れないなどの対策は行なってくださいね。

ドゥマゲテの気候

続いてドゥマゲテの気候について見ていきましょう。

年間の平均気温

ドゥマゲテは1年を通して温暖な気候となっています。

年間の平均最高気温が約31℃、平均最低気平均が約24℃です。

4月~5月が最も気温が高くなり、最高気温は34℃位まで上昇します。

湿度も高く、ムシムシとした蒸し暑さが特徴です。

降水量

ドゥマゲテの 年間降水量は約1,300㎜です。

雨季(6月~11月)と乾季(12月~5月)がありますが、乾季であっても時々雨は降ります。

雨は日本のように長い時間降るのではなく、スコールと言って短時間の大量の雨が特徴です。

折りたたみ傘は必ず持っていきましょう。黒色のものであれば、日傘としても兼用できます。

おすすめの服装など

一年を通して気温が高いので、半袖やノースリーブ、ハーフパンツなどがおすすめです。

ただしバスや船などの公共交通機関、モール、レストラン、ファストフード店などはエアコンが日本と比べてかなり強く効いています。

カーディガンやパーカー、長袖シャツなど羽織れるものを持参するとよいでしょう。

スコールがあるので濡れてもいいように、外歩きにはサンダルがおすすめです。

ドゥマゲテ留学の魅力TOP3

最後にドゥマゲテ留学の魅力について、私が感じたことを紹介します。

英語学習に集中できる環境

ドゥマゲテは適度な田舎さから、英語学習に集中できる環境と言えるでしょう。

日常生活を送る分には全く不自由さを感じません。

マニラやセブと比べて娯楽は少ないですが、その分、誘惑が少ないので英語の学習に思う存分集中できます。

ドゥマゲテは語学学校の先生たちのレベルも高いです。

みな英語を流暢に操るだけでなく、一人ひとりのレベルに合わせて適切に指導をしてくれます。

レッスンが飽きることないように、終始楽しく進めてくれるのも大きな魅力です。

週末は安全にリフレッシュができる

ドゥマゲテは治安がよいので、外出時は変に緊張する必要がありません。

「スリに会うんじゃないか」「変な人に声をかけられないか」「ぼったくりに会うんじゃないか」などの心配が全く不要です。

美味しいレストランやローカルの雰囲気を楽しめる屋台など充実しているので、週末には英語の勉強で溜まったストレスを安全にリフレッシュすることができます。

英語学習以外にもたくさんの出会いや発見がある

私も含めてドゥマゲテに語学留学をした人のほとんどが英語学習だけでなく、たくさんの収穫をして帰国しています。

ドゥマゲテに住んでいるフィリピン人たちは本当にフレンドリーで優しく、日本人に対して好意的に接してくれます。

語学学校の先生たちと生徒との垣根は低く、プライベートで一緒に出かけることも少なくありません。

たくさんの貴重な出会いが待っています。

また英語学習だけでなく彼らフィリピン人との交流を通して、フィリピンの文化や考え方や日本との違いを学び、そこからさらに日本の良さを改めて発見することもできるでしょう。

まとめ(by ヘイショー)

最高じゃないですか。

普通に行きたくなりましたね~。

僕の経験上、田舎の街の方が人はフレンドリーだし治安も良いことが多いので、留学には良いと思いますね!

貴重な体験談をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です