【場面別】英語のあいづち表現28選【簡単で実用的なフレーズを集めました】

英語のあいづち表現

ふきげん猫ちび

英語であいづちを打つ時に、いつも「I see」で返してしまうから、バリエーションが欲しい
英会話をしている時に、あいづちが出来ないので会話が成り立たない

ふきげん猫ちび

このような方に向けて、実際に使える英語の相槌表現の数々を紹介していきます。

具体的には、以下の内容について説明していきます。

  • どこでもよく使うあいづち表現
  • ビジネスでよく使うあいづち表現
  • カジュアルな場面でよく使うあいづち表現
  • あいづちのコツ

ネットで相槌表現について調べると、「これ使ったことないし、聞いたことない」という表現まで全部羅列されていて、全部覚えるのが困難です。

今回の記事では、僕が実際に使ったことがある、または聞いたことがあるフレーズに絞って紹介します。

それでは、行ってみましょう!

よく使うあいづち表現

よく使うあいづち表現

以下の表現は、僕が今までに使ったことがある、もしくは聞いたことがある表現です。

よくネットでランダムな記事を読んだり、英会話系の本を読むと「こんな表現使うか?」というようなものが多く載っていますので、気を付けた方がよいです。

どこでも良く使う表現

  • I see.(なるほど)
  • Yeah.(はい)
  • Nah(いいえ)
  • Really?(本当に?)
  • Not really(いいえ)
  • Dawn(え~最悪だね)
  • That’s too bad(それはきつかったね)
  • I think so too(僕もそう思うよ)
  • That’s awesome(すごいね!とか、いいじゃん!)
  • It’s funny(おもしろいね)
  • You are so funny(君おもしろいね!)
  • That’s weird(それはおかしいね)
  • I got it / Gotcha(なるほど)
  • Oh my god(まじで!)
  • Alright(分かった)
  • That’s cool(いいね)
  • That’s good(いいね)
  • That’s not good.(それはだめだね)

ビジネスで使う表現

  • Right(そうです)
  • Interesting(おもしろいね)
  • I’m sorry to hear that(かわいそうに、残念だったね)
  • I totally agree with you(僕もそう思います)
  • Good idea.(いいね!)

カジュアルな表現(友達に使う)

  • oh man.(あ~みたいな感じ)
  • That’s fucked up!(やらかしたね)
  • What a fuck!?/ What a hell!?(なんてこった)
  • No shit(僕もそう思うよ←カジュアル)
  • You killed it(やったね!)

あいづちのコツ

初心者でよくある間違えが「I see」を連発することですね。

I see は「あなたの言っていることを理解しました」という意味があるので、連発すると「本当にそう思ってるの?」と思われかねないです。

なのでI seeの代わりにYeahとOKを繰り返し使うと良いです。

YeahとOKは何回使っても問題無いです。

その他に使いたい言葉は、相手がポジティブな話をしている時は話の最後に「Awesome」とか「Sounds good」で、ネガティブな話をしている時は話の最後に「Too bad」と言っておけば間違いないと思います。

動画で解説しました

同じ内容を動画で解説しました。

ちなみに初心者向け英語講座をいくつかアップしているので、興味がある方はこちらからどうぞ。

» ゼロから海外就職YouTubeチャンネル

まとめ

表現をリストアップしたあとは、実践あるのみです。

オンライン英会話などのフリーカンバセーションでどんどん使っていきましょう!

ヘイショーからは以上です。

ご精読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です