外資系転職エージェント&求人サイト12選【海外就職もOK】

外資系転職エージェントで求人を探す方法

ふきげん猫ちび

どうやって海外就職したの?
どこの転職エージェント使ったの?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

おすすめの求人サイト教えて?

今回の記事では、このような質問に答えるために以下の内容について詳しく説明したいと思います。

  • 海外就職する具体的方法(転職サイト登録→求人応募まで)
  • 求人サイト&転職エージェントを利用するメリットとデメリット
  • 僕の体験談
  • おすすめ求人サイト&転職エージェント
  • 注意事項

ちなみに僕の経験をお話しさせていただくとざっとこんな感じです。

  • シンガポール→転職エージェントを利用して優良企業を見つける
  • オーストラリア→エージェントを使わず自力で探したため、結局見つからず
  • フィリピン→現地の求人サイトで自ら会社に応募したため、変な会社に騙された
  • ハワイ→転職サイト→エージェント経由で優良企業に就職
  • 日本→転職エージェント経由で優良外資系企業に就職

こちらを見れば分かると思いますが、転職サイトかエージェントを利用すると割と簡単に海外就職できました

ちなみにこれから話す内容は、日本の外資系企業に転職したい人英語を使う仕事を見つけたい人年収を上げたい人にとっても役に立つと思います。

興味がある方は参考にしてみてください。

海外就職の具体的方法

海外就職の具体的な方法

転職サイト登録から海外の求人応募までの流れ

STEP 1
転職サイトに登録する
希望勤務地に海外の地域を指定します
STEP 2
転職エージェントから連絡が来る
海外の求人の紹介が送られてきます
STEP 3
エージェントと話をする
コンサルタントと電話で話をして、希望条件などを伝えます
STEP 4
選考に進む
あとは普通に面接していくだけ
STEP 5
選考に落ちた場合
他のエージェントから声がかかるのを待ちます。同じエージェントが違う求人を紹介してくれたりします。

ちなみに転職エージェントに直接登録した場合は「エージェントを選ぶ手間」が省略されます。

ただしエージェントによって持っている求人が違うので、転職サイトに登録しておいた方が選択肢は広がります。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトは転職希望者と転職エージェントが集まるプラットフォームみたいな感じです。

転職サイトは主に二つの機能があって、一つはエージェントが求人を投稿して応募者を募る機能、もう一つはエージェントが転職希望者のプロフィールを見て直接連絡する機能(要するにスカウト)です。

転職エージェントは、コンサルタントが求職者一人一人にコンタクトを取り、経験やスキルに合わせて企業を紹介してくれます。

ヘイショー

例えば僕の職種はデジタルマーケティングかWeb制作ですが、年収700万超えの条件でコンサルタントが週に5本くらいの求人を紹介してくれます。

最初の登録以降のプロセスは基本的に受け身で良いところがとても助かります。

転職サイト、エージェントを活用するメリットとデメリット

転職サイト、エージェントを活用するメリットとデメリット

メリット

  • 転職サイトで信頼できる転職エージェントが見つかると、失業に対する恐怖がある程度無くなる
  • 転職エージェントに登録すると求人を自ら探す必要がなく、待っているだけでどんどん良い求人が紹介される→現職と並行して転職活動がかなり楽になる
  • 客観的に見た企業の情報を提供してくれるので、入社後のトラブルも少ない
  • コンサルタントの励ましが凄いので、モチベーションが上がる
  • 面接のアドバイスをもらえる。どのような質問があるかなどの対策も過去の応募者の情報を元に提供してくれる。
  • 費用は求人を出す企業側が払う→無料で利用できる

ちなみに余談ですが、アメリカでは「転職エージェントを使わないと昇給できない」と言われています。

企業側からすると新しい人を採用するにはコストがかかるし、信頼できる人を見つけるのは難しいです。だから社員が転職エージェントを利用しているのを見つけると、昇給して全力で引き止めるらしいです。

ヘイショー

これは先日アメリカ人の友人が話していた内容ですが、私自身も体験したので事実だと思います。

デメリット

メリットを書いたのでデメリットも書こうと思ったのですが、正直なところあまり見当たりません。。

費用が無料なのでとりあえず登録しておいて間違いないと思います。

ちなみにアメリカでは企業がエージェントに年棒の一部を支払い続けるといった料金形態なので求職者の年棒が下がると言われていますが、日本では企業側がエージェントに紹介料を一回払うのみの料金形態なので、自分の年棒が下がることは無いです。

ヘイショー

そもそもエージェントに紹介してもらう求人は基本的に高給のものが多いので、お給料のことを心配する必要は無いと思います。

おすすめ転職エージェント一覧

日本にある外資系エージェントは、主に日本国内の外資系企業や、英語を使う仕事を紹介してくれます。

ただ希望を出しておけば海外の求人もたまに紹介してくれます。

あと各エージェントのサイト内に求人一覧のページがあって、そこで勤務地を「海外」に絞って検索すると海外案件を見ることが出来ます。

ちなみに有名どころのエージェントはいろんな求人を持っているので、コネを持っていると生涯レベルでアドバンテージを得ることが出来ます。

ランスタッド(Randstad)

海外就職の求人が多い外資系転職エージェント「ランスタッド」

外資系の大手転職エージェントで、世界で2番目に大きい規模を誇るところです。

特徴としては高給の駐在案件が多いので、出来るだけリスクを抑えながら海外就職を目指したい人におすすめです。

ここは他のエージェントと少し変わっていて、転職希望者のプロフィールに合わせて求人を紹介してくれるし、仕事内容もメールで丁寧に説明してくれます。個人的には楽〇、オックスフォー〇大学などを紹介してもらいました。

あとあまり押しが強くないので、「とりあえず今の自分にはどのような求人が来るのか」を知りたい人にもおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 押しが強いコンサルタントが苦手
  • 今の自分にはどんな求人が勧められるのか見てみたい
  • 日本人コンサルタントがいい
  • 海外への駐在を希望している

リクルートエージェントとRGA

海外就職の求人が多い外資系転職エージェント「リクルートエージェント」

国内最大手であるリクルートエージェントですが、登録したらグループ会社のRGAから連絡があり、その後次々に紹介していただけるようになりました

RGAは外資専門部門みたいな感じ。

アマゾ〇、DeN〇、DM〇などを紹介してもらいました。

こんな人におすすめ

  • 優秀なコンサルタントにキャリア相談や、履歴書添削をしてもらいたい
  • 国内の大手企業を希望している

ロバート・ウォルターズ(Robert Walters Japan)

外資系転職エージェント「ロバート・ウォルターズ」

僕が今メインで利用している転職エージェントです。

登録→ 電話面談 → 紹介までスムーズで、求人もガンガン紹介してくれます。

ヘイショー

コンサルタントは外国人が多いのですが、いい意味でアグレッシブです笑。

例えば、外資のデジタルエージェントを20社くらいリストアップして「これ全部応募していいか?」と聞いてきたり、いきなり求人紹介の電話がかかってきたりします。

ただおかげで手数を出すことが出来るので、本気で転職活動をしている人には特におすすめです。

こんな人におすすめ

  • 外国人のコンサルタントが良い
  • 求人をガンガン紹介して欲しい
  • 転職のモチベーションが高い

関連記事 【体験記】ロバートウォルターズに登録してみた感想

JACリクルートメント

外資系転職エージェント「JACリクルートメント」

こちらも日系大手転職エージェントですが、海外ではアジアに強い印象です。

日本のJACでは年収600万以上のキャリア採用(高年収)が多いです。

希望する職種の経験年数が浅い場合は受け付けてくれない場合もあるそうです。

参考 JACリクルートメント公式サイト

パソナキャリア(Pasona Career)

外資系転職エージェント「パソナ・キャリア」

世界で3位以内には入る大手。一番のメリットは、世界中に支店があるところでしょうか。

以前にアメリカのパソナから連絡があって、ロサンゼルスの会社を紹介してもらったことがあります。

参考 パソナキャリア公式サイト

マイケルペイジ(Michael Page)

外資系転職エージェント「マイケルペイジ」

これも世界展開しているヘッドハンティングファームで、高給の外資系案件が充実しています。

ちなみに僕の会社にはマイケルペイジ経由で入った人が何人かいて、担当者のことを「サイコ」と呼んでいました笑。

ヘイショー

押しが半端なく強かったそうです。コンサルタントとしては優秀ということですね。

参考 マイケルペイジ公式サイト

ヘイズ(Hays)

外資系転職エージェント「ヘイズ」

上の2社と同じような感じですが、こちらはコンサルタントの押しがかなり強い印象です。

私がとあるコンサルタントに「他の選考で最終面接の結果待ち」という状況を伝えた時、直後にメールで10件くらいの会社をリストにして送ってきて「好きな会社を選んで今日中に教えてくれ」と言われたこともありました笑。

また別の担当者に「新しい会社が見つかったから他の選考を全部辞退したい」と言ったところ、「入社するまで転職活動は続けろ。キャリアのことなら100%自己中であるべきなんだ」と説教されたこともありました。。。

参考 ヘイズ公式サイト

海外就職に強いおすすめ転職サイト一覧

とりあえず思いつくところを全部挙げています。

おすすめは転職サイトでは「LinkedIn」、転職エージェントでは「リクルートエージェント」です。

ヘイショー

余裕がある人は全部登録してもよいかもしれませんが、大量にメールが来るので始めは1~2社で良いと思います。

LinkedIn

LinkedIn

厳密に言うとソーシャルメディアですが、転職サイトとしても使えます。

海外求人よりも日本の外資系の求人を紹介されることが多いです。

ただ海外の求人に直接応募するのであればこのサイトがかなり有効活用できるかもしれません。

参考 LinkedIn公式サイト

ダイジョブ(Daijob)

転職サイト「ダイジョブ」

キャリアクロスと同じようなサイトです。

余裕がある人は登録しても良いと思います。

参考 ダイジョブ公式サイト

キャリアクロス(Career Cross)

転職サイト「キャリアクロス」

海外求人が多く載っています。

ちなみに日本でもバイリンガルの方にお勧めです。

参考 キャリアクロス公式サイト

Wantedly

Wantedly

これは海外で流行っている転職サイトです。

ベンチャーとかを探しているのであればお勧めです。

参考 Wantedly公式サイト

ビズリーチ(Bizreach)

転職サイト「Bizreach」

有名どころのサイトですが、個人的にはあまり良い印象はないです。

登録する時に12ページくらいあるフォームに学歴、職歴などを20分くらいかけて埋めなければならないのですが、年収が高くてキャリアがないと登録が否認されます。

ヘイショー

苦労が水の泡になったと嘆く人が多いらしいです。

参考 ビズリーチ公式

僕の体験談

転職活動の結果

冒頭にも触れましたが、僕の海外就職の体験談を書いていきます。

シンガポールの場合

現地の転職エージェントに登録してから1週間くらいで決まりました。

いろいろなエージェントとコンタクトをしましたが、JACとファロが一番頼りになる感じでした。

特にJACの方には住むところを探してくださったりと、いろいろとお世話になりました。

シンガポールは現地に沢山の転職エージェントがあるので、行く前にいくつかとコンタクトをとって現地に着いてから面接しまくる感じで行けばよいと思います。

フィリピンの場合

Primeというサイトの求人掲示板で見つけた会社に応募して入りました。

しかし、入社前に聞いていた条件と入社後に知らせられた条件がかなり違っていて揉めました。

なので自力で見つける場合は本当に注意した方が良いです。

ハワイの場合

転職サイトに登録していたのですが、ハワイの会社が募集していると声がかかったので受けたところ、めでたく合格しました。

日本(外資系)の場合

この頃はある程度経験値が溜まっていたので、開始して4〜5ヶ月で4社から内定をいただきました(内一つはキャンセル)。

これは私の職種がデジタルマーケティングであったこと、SEOやコンテンツマーケティングの実績があったこと、英語が話せたことにより、日本で市場を開拓したい多くの外資系企業とマッチングしたことが理由に挙げられると思います。

アマ〇ン、De〇A、楽〇、D〇M、トリッ〇アドバイザーなどでは最終面接までは行ったのですが、残念ながら落ちました。

ちなみにWeb制作での内定は一つも無し。

私の経歴ではWeb制作メインでキャリアを積み上げることは難しいということが転職活動を続ける内に分かりました。

ヘイショー

このように求人情報を参照しつつキャリアを構成、軌道修正していくことはとても大切です

特に海外留学で将来何の職種になろうか固まっていない方は、一度求人情報を覗いてみてどのような職種、人材に需要があるか必ず確認しておいた方が良いです。

希望年収は高めに設定しましょう

希望年収

これは今まで何度も後悔した経験があるのですが、希望年収は高めに設定してください。

ヘイショー

年収というものは一旦会社に入ってしまえば上がるチャンスはほとんど無いと考えた方が良いです。可能性はあるけど、その保証は無い。

つまり、会社に入る時が年収を上げる最大のチャンスです。

もちろん失業中ですぐにでも就職先を決めたい場合は仕方ないかもしれませんが。。

現職を辞めずに登録してチャンスを待ちましょう

現職を辞めずにチャンスを待つ

今どこかの会社にお勤めであれば、現職はキープしながら転職活動を行いましょう

これらのエージェントは定期的に求人を紹介してくれるので、のんびりと探すのが精神的にも楽なのではないかと思います。

ヘイショー

ただしキャリアやスキルがある方に優先的に求人が回ってきます。なので一般論ですが、仕事をする心構えとして常にスキルや実績は意識した方が良いです。

職務経歴書に書く価値のないような仕事内容をしている場合はすぐにでも転職を検討した方が良いと思います。

ヘイショー

まあ仕事観というのは人それぞれですが。。

参考にしていただけると幸いです。ご精読ありがとうございました!

質問などあればコメント欄にどうぞ。

ご精読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です