フィリピン・マニラの空港からタクシーに乗る時の注意点

不名誉な事に「世界最悪の空港」と言われているフィリピン・マニラにあるニノイ・アキノ空港ターミナル1について書きます。

世界最悪というのは言い過ぎかもしれませんが、たしかにここではタクシードライバーが観光客にふっかけるケースが多いようです。

私の知っている日本人の中でも半分以上の人はぼったくられているので、そのようにならないコツをここに伝授させて頂きたいと思います。

値段は事前に交渉

世界のヘイショー

黄色の空港タクシーを利用すれば問題無いでしょう。

と思っていましたが、マカティのホテルまで散々道を迷われた結果800ペソ払った経験が有ります。

空港から目的地までの土地勘が無い場合、ドライバーが道に迷う、又は迷うフリをする事がありますので、値段は事前に交渉するのがベターです。

ドライバーが道に迷っているような雰囲気を醸し出している場合は、その時点で値段交渉をするかその場でタクシーを降りた方が良いでしょう。

3Fの出国ゲートのタクシー乗り場でローカルタクシーを拾う

出国用ゲート(2F)で拾える黄色の空港用タクシーは要注意だと思っています。

観光客馴れしているが為に遠回りしたり、メーターをいじっているやつがいるらしいからです。

3Fで拾えるローカルのタクシーの方がまだ扱いやすく、空港への乗客を降ろしたのタクシーへ交渉に行くのがコツ。

空港で待ち構えて、乗客を選んでいるドライバーは信用できません。

空港からマカティまでは200ペソで交渉。決まり文句は「I know the price」

空港からマカティまで、混んでいなければ200ペソが最安値と考えて良いです。

200ペソで粘って交渉すれば大体OKが出ますが、出ない時はコレ。

世界のヘイショー

I know the price

それでも駄目な場合は250、300ペソあたりでOKとしましょう。

ツレがいる場合はなるべくスーツケースなどをツレに預けて手ぶらで交渉に行った方が良さそうです。

空港以外の場面でもそうですが、スーツケースを持っている人はふっかけられる事が非常に多くなります。

「Where are you from??」と聞かれたら「Japanese」と答えない

理由は言うまでもなく、日本人はカモにされやすいからです。

韓国人も日本人よりはマシですがカモと見なされていますので、Chineseと答えると良いかもしれません。

※差別的な意味ではありませんが、フィリピンには中華系の人も多いので観光客と思われないようにするためのものです。

前にあった話ですが、マニラのタクシードライバーにどこ出身かと聞かれ、「中国人」と答えた後に日本人の事をどう思うか聞いたところ、「戦争の時にフィリピンは日本にめちゃくちゃにされた。だからこれからも日本人からは少しでもお金を取り戻さなくちゃいけないんだ。」と。

とにかく、「フィリピンの商売人は日本人の事をATMとしか見ていない」ぐらいの気持ちで構えておく必要があると思います。

もちろん一般の人はそんな事はありませんが。

まとめ

空港に限らず、マニラのタクシードライバーはクセ者が多いで有名です。

賃金が安いので仕方がないかもしれませんが、お金を無駄にしたくない人は常に気を引き締める事が必要です。

何かトラブルがあれば、タクシーの助手席に書いてある電話番号(タクシー会社の電話番号)に電話する事も可能です。

ただしこれらの内容はマニラに限定するようで、他の地域ではいくらかマシになると思いますので、マニラ在住の方は特に警戒心を一層に強めて頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です