ハワイのパールハーバー(真珠湾)観光の感想【アリゾナ記念館&戦艦ミズーリ】

戦艦ミズーリ観光

1941年12月7日。

それは、日本の歴史が大きく動かされた運命の瞬間でした。

そうです、それは太平洋戦争のきっかけになった大日本帝國の恐ろしい奇襲作戦「真珠湾攻撃」です。

日本から遠く離れたハワイへ遠征し、アメリカの守備網をかいくぐって奇襲攻撃を展開するという、日本軍にとっては世紀の大博打と言われるほどリスクのある作戦でもありました。

時が経ち。。

美しい海とのどかな港が眺められる真珠湾は今、ハワイの人気観光地として多くの人々にその悲劇の歴史を教育する場所となっています。

パールハーバー(真珠湾)観光

本日のトピックはパールハーバー観光について。

先週の土曜日にパールハーバーに観光に行ってきたのですが、ツアーは少し高かったので、自力で観光に行ってきました

今日はそのノウハウをまとめたいと思います。

まずはパールハーバー・ビジターセンターへ向かう

まずはパールハーバー・ビジターセンターへ向かう

パールハーバー観光では主に「アリゾナ記念館」「戦艦ミズーリ」「太平洋航空博物館」などの歴史的スポットや展示物を見ることがアクティビティとなります。

これらのアトラクションの前にまず「パールハーバー・ビジターセンター」という場所に行ってチケットを入手しなければなりません。

パールハーバー・ビジターセンターへの行き方

バスで行く場合は、ワイキキからは20番と42番、アラモアナからは20番、40A番、42番、62番のルートとなります。

マッカリーの前のバス停のAのバスからも行くことができます。

Google Mapで「Pearl Harbor」で検索すると全然違う場所に案内されるのでご注意ください。

荷物の持ち込みは禁止。大きい荷物は有料のロッカーへ。

バスを降りるとエントランスがあるのですが、ここでは厳しい持ち物検査が待ち受けています。

どれくらい厳しいのかと言うと。。。

カバン自体が持ち込めません

なので荷物がある方はエントランスの近くにある有料(3ドル)のロッカーで荷物を預けなければなりません。

チケットを購入。カマアイナ(地元)割引やJTB割引もあり

エントランスを抜けるとカウンターがありますので、ここで各アトラクションのチケットを購入します。

各スポットの料金は以下の通り(2016年3月時点):

  • アリゾナ記念館・・・無料(ただし1日に1200人までしか入れない)
  • 戦艦ミズーリ・・・大人一人27ドル(カマアイナ割引、JTB割引適用で22ドル)
  • 太平洋航空博物館・・・大人一人25ドル(カマアイナ割引でで15ドル)

アリゾナ記念館について

ややこしいシステム

アリゾナ記念館の観光は「映画鑑賞ボートで移動アリゾナ記念館を見学」という流れの約75分のプログラムになっています。

まずはビジターセンターのチケットカウンターでチケットをもらいます。

するとそのチケットに映画の開始時刻が書かれていますので、この時間までにシアターに集合すればOKです。

ちなみに私がビジターセンターに着いたのは朝8時半ですが、映画の開始時間は10時45分でした。

映画鑑賞&ボート移動までの時間つぶし

ということで、アリゾナ記念館のプログラムが始まるまで2時間15分待たなければなりません。

長っ。。

と思っていたのですが、実は心配不要でした。

アリゾナ記念館の待ち時間

ビジターセンターの周りに無料の展示館や、綺麗な景色が眺められる散歩道などがあり、「これだけでも十分」と思えるほど充実した時間を過ごすことができました。

パールハーバー(真珠湾)の回天

上の写真は恐怖の人間魚雷「回天」のモデルです。

空母をも沈められる破壊力を持つ爆薬と共に人間もろとも体当たりし、命と引き換えに敵艦を沈める極限の兵器であったそうです。

パールハーバー(真珠湾)観光

上の展示会場では、日本とアメリカが太平洋戦争に突入するに至った経緯を見ることができます。

待ちに待った結果。。

ある程度時間は潰せましたが、ある程度は待ちましたよ。

時間が来たので映画を鑑賞し、いよいよボートに乗って座礁した戦艦アリゾナを見学に行くぞというところで。。

強風のため、ボートが出ない!!中止!!

待ち時間で真珠湾攻撃についての歴史をこれほどかというほど学び、パールハーバーの散歩道ではその歴史的背景のある美しくものどかな雰囲気に特別な感情が芽生え始めたこともあってボルテージは最高潮に達していただけに、ボートが出ないというハプニングはあまりにもショッキングでした。

戦艦ミズーリ観光

戦艦ミズーリ観光

アリゾナ記念館に次いで人気のアトラクションが、戦艦ミズーリの見学です。

「バトルシップ」という相性でも有名なこの戦艦は、第二次世界大戦、朝鮮戦争、湾岸戦争などで猛威を振るった「海を走る暴走特急」のような存在です。

このアトラクションではすでに退役をしたこの軍艦の中に入り、中の様子を見たり所々にある展示物を見れる、といったことが楽しめます。

パールハーバー・ビジターセンターでチケットを購入し、シャトルバスで移動

戦艦ミズーリ観光

チケットを購入する場所はまたも「パールハーバー・ビジターセンター」です。チケットはカマアイナ割引適用でも22ドルと高いですが、後から思うとその価値はありました。

チケット購入後、バス乗り場に移動し、シャトルバスで戦艦ミズーリへ移動します。

日本語のガイドさん登場

戦艦ミズーリに搭乗すると、流暢な日本語を話すマウイ出身の日系3世のジョージさんが待ち構えていました。

そうです、このアトラクションには日本語での簡単なガイドが含まれているのです。

時折ごきげんなジョークを織り交ぜつつ、戦艦ミズーリが残した功績を説明しながらガイドしていただきました。

展示物も充実

戦艦ミズーリの展示物

船の中では軍艦の様子がリアルに見学できると同時に、ところどころに第二次世界大戦を学ぶことができる内容の展示物も見ることができました。

中でも神風特攻隊関係の展示物は多かったです。

戦艦ミズーリの神風によるへこみ

上の画像は、神風特攻隊に攻撃された箇所。

少しへこんでいる部分がそれです。

恐ろしいですね。

そんな感じで、午前中に観光終了!

戦艦ミズーリはとんでもなく広かったので、見学が終わった頃にはヘトヘトでした。。

ということでこの日は以上で観光は終了しました!

全体的な感想としては、思ったより日本軍を悪者にしているような雰囲気はありませんでした。

どちらかと言うと、「日本軍は真珠湾でとんでもなく難題な奇襲攻撃をやり遂げた」というような内容です。

神風特攻隊についても、命を懸けて勇敢に散った特攻隊員を賞賛する雰囲気がありました。

戦艦ミズーリの展示物

これらの展示物を見ている内に、大勢の人々が亡くなったことに対しての日本人としての罪悪感を感じると同時に、勇敢に戦った日本人兵士を誇らしく思う気持ちも芽生えました。

私たちは日本の学校教育で、あまりにも第二次世界大戦の内容を省略しすぎていると思います。

戦争の歴史が学べる真珠湾は皆さんには是非とも訪れていただきたと思います。

一回二回観光で来る方は優先順位が低くなってしまうかもしれませんが、リピーターの方、在住者の方は知っておいていただきたい。

ハワイが好きであればなおさらですね。

オプショナルツアーもあります

私は自力でバスで行きましたが、海外慣れしていない方にとっては厳しい道中になるかもしれません。

バスに乗ったことのない人は素直にツアーに参加した方が良いでしょう。

以上、ご精読ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です