シングリッシュと呼ばれるシンガポールの英語の訛りについて

今日は割とセンシティブなトピックに触れてみたいと思います。「シングリッシュ」と呼ばれるシンガポール人の英語の訛り(アクセント)について。

私はオーストラリアのワーホリの後にシンガポールで1年間海外営業として働いていたのですが、初めは「シンガポールは英語圏だから大丈夫」と考えていたものの、最終的にはどうしても訛りの強さに耐えきれなくなってシンガポールを去りました(これはただの理由の一つですが)。

シンガポール人のアクセントの特徴

この動画を見ていただければ分りやすいかもしれません。

特徴としては、語尾に「ラー」をつける、時制や文法がメチャクチャ、英語なのに中国語っぽく聞こえる、などでしょうか。

代表例としては、以下のフレーズなんかはよく聞きました。

  • No need. (I don’t need that. これは英語圏でも使う人多い)
  • Can. (I can. これも英語圏でも使う)
  • you buy what? (What did you buy?)
  • you go where? (Where are you going ?)
  • I also can. (I can do that, too.)

普通の英語が通じない

例えばローカルのカフェなんかで「Can I get coffee?」と注文しても「アァァー!?」と言って怒られます。一言「Coffee」と伝えるのがシンガポール流。

シンガポール人は訛りと認識していない

ある日シンガポール人のハウスメイトが、CNNのニュースを見ながら「なんでこいつらはこんな変な英語を話してるんだ」と呟いていました。おそらくですが、多くの地元民は自分の英語にアクセントは無いと信じていると思います。また、イギリスに留学に行っていたシンガポール人の友人は「シンガポール人の英語の訛りはひどい」とバカにしていましたが、彼のその言葉もめちゃくちゃ訛っていました笑。

ただ一つ忘れてはいけないのは、日本人の英語もかなり訛っているということ。自分の英語が完璧で無い限り、彼らのことをバカにすることは出来ないということも頭に入れておいた方が良いかもしれません。

現地のアクセントに馴染むしかない

シンガポールに長く住むつもりであれば、自分もシングリッシュを積極的に使っていくことをお勧めします。長く住む日本人の方は皆そうですし、現地のアクセントをバカにするような気持ちを持っていては結局ストレスを溜めてしまうことになると思います。

私の同僚の日本人の口癖は「オッケーラーーー!!」でした。

英語を勉強したいという希望を持ってシンガポールに行かないように

「伝われば良い」と言った英語であれば身につけることは出来ますが、英語に情熱があるような人が行くと違和感を感じてしまうかもしれません。私は最終的に「中国語を学ぼう」という結果に辿り着きました。日常生活で中国語を一から学ぶつもりで話し始めると、一切のストレスが無くなりました。

英語留学でシンガポールには絶対に行かないようにお願いします。ヘイショーからは以上です!

おまけ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です