外資系企業とは?働き方など分かりやすく説明【経験談】

外資系企業とは?働き方など分かりやすく説明【経験談】

ふきげん猫ちび

外資系ってなに?
どのくらいの英語力が必要?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

すぐにクビになるって本当?
年収は?労働条件は?残業はある?

ふきげん猫ちび

ふきげん猫ちび

海外出張はあるの?

このような疑問にお答えします。

今回の記事では、以下の内容について説明させていただきます。

  • 外資系企業とは?
  • 必要な英語力
  • すぐクビになる?
  • 労働条件
  • 海外出張はあるか?

ちなみに僕は2013年から海外で働いていて、2018年から日本の外資系企業で働いています。

僕の経験を基に解説していきます。

外資系企業ってなに?

外国人が資本を持っている会社のことです。

ほとんどが世界的に有名な企業で、日本でビジネスを展開するために持っている日本支社のことです。

例えば、Google Japan、Apple Japan、Amazon Japanなど。

参考 外資系企業 | Wikipedia

どのくらいの英語力が必要?

外資系企業で必要な英語のレベルは?

英語が得意な人はがんがん使います。

逆に英語が話せない人は、英語を話す必要が無いポジションが用意されます。

たとえば僕の会社ではディベロッパーを始めとしたITの開発部門は本社のアメリカにあるので、Webサイトの改善やバグの修正はすべてアメリカで行われています

なので僕は彼らと一緒に仕事をして、日本サイトの改善に取り組んでいます。

コミュニケーションの方法はEメールやチャット、最近はMicrosoft Teamsなどを活用しています。

アメリカと日本は時差が大きく、働いている時間があまり重ならないので、基本は文章でのやりとりです。

あとは2週間に1回くらい定例のコール・ミーティングがあるのと、突発的に本社の人がオフィスに来たり、出張で海外に行ったりする時くらい。

あとはオフィスに外国人が何人かいるので、彼らと話す機会はたまにあります。

英語が出来ないと外資系で働けない?

英語をまったく話せない人も多いです。

ただ、英語が出来ないと管理職になれないとか、ポジションチェンジが出来ないといった制約が出てくるのは事実です。

世界のヘイショー

出来る出来ないに関わらず、継続して勉強していけるモチベーションが無いとつらいかもしれません。
参考 日本人の英語力は、全然期待されてません!東京経済ONLINE

求められる英語は読み書きレベル

外資系企業に入りたいけど英語力に自信がない人にアドバイスしたいですが、読み書きが出来る、または頑張れる気持ちがあれば問題ないです。

話すのは難しいとしても、読みかけは時間をかければ必ず出来るはずですから。

世界のヘイショー

メールで打つ文章は決まりきったものが多いので、テンプレートを積み重ねていけば絶対に出来ます。

必要なTOEICスコアは?

はっきり言ってTOEICスコアはあまり関係ないです。

僕は今まで数々の外資系企業で面接を受けたことがありますが、TOEICスコアを聞かれたことは数回程度です。

大体英語で面接があるので、その時に英語力は判断されるかと思います。

すぐにクビになるって本当?

外資系ですぐにクビになるって本当?

これは本当です。

1年間という短い期間ですが、いきなりいなくなった人は多いです。(クビになったのか自主退職されたのかは不明ですが。)

ただし僕自身はこれを悪いことだとは思っていません。

クビになる人は大体自分のKPI(目標)を達成できなかった、または新しいテクノロジーについていけない人が多いです。

世界のヘイショー

あと会社に長く居座ってるだけで全然仕事しない人など(-_-)

厳しいことを言いますが、こういう人達を会社に残しておくと他の人たちに迷惑がかかります。

日本では、いまだにSlackやTeamsみたいな便利がツールがあるにもかかわらずメールにこだわる人、タスク管理をエクセルで行うことにこだわる人、スキルや実績が無いのにプライドが高い人、改善提案などをすると仕事が増えるからと嫌がる人が多いです。

しかし僕たちは資本主義社会の中で生きているので社員も進化し続けなければ競争に勝つことは難しいです。

世界のヘイショー

クビになるのが怖いと思う人は外資系企業に向いていないのかもしれません。

逆に「実績を上げたい」「スキルを向上したい」「クビになってもすぐに他の仕事を見つける自信がある」というようなマインドセットがある人にとっては向いていると思います。

年収は?労働条件は?残業はある?

外資系企業の年収、労働条件、残業

もちろん会社によりますが、基本的に労働条件は良いはずです。

僕の会社は一日7.5時間勤務でフレックス、残業はありません。

年収は650~700万くらい。副業もOK。

もちろん条件はスキルセットによりますが。

世界のヘイショー

逆に言うと、今何がしたいか分からない人はこれらのスキルを身に着けることをおすすめします。

昇給制度

評価は5段階評価で行われるのですが、平均値の3がもらえれば1%年収が上がります。

日本の会社はどうかは分かりませんが、この点は良いと思っています。

海外出張はあるの?

外資系企業で海外出張はあるの?

去年アメリカに一回行ったのと、今年台湾に行きました。

仕事で行くというよりも、サミット(戦略を説明する大規模なミーティング)で呼ばれたためでした。

他の社員でも、英語が出来て期待されている人は出張の機会がある人が多いと思います。

ただ僕の場合は海外出張はあまり好きではありませんが。

世界のヘイショー

二泊三日みたいな弾丸な日程で遊びに行く時間はないし、観光とか出来ないですからね。。

上司が絶対的な権力を握る職場環境

上司が絶対的な権力を握る職場環境

これも本当の話。

ただ僕はこれは良い機会だと思っていて、上司をクライアント(お客さん)だと思って接しています。

自分に雇用の機会を与えてくれているのは上司であり、評価を下すのも上司です。

なのでお客さん(上司)を100%満足させることが自分の仕事です。

これは会社員だからという訳ではなく、起業したりフリーで働いても同じことだと思います。

世界のヘイショー

と知り合いのフリーランサーは言っていました。

フリーの場合はクライアントにNoという権利があることが唯一の違いにはなりますが、よっぽどビジネスが好調でなければ断ることなんて出来ないですよね。。

マネージメント能力がある人が多い

外資系企業の管理職の方々はちゃんとトレーニングを受けているので、変な人は少ないと思います。

特にパワハラとかセクハラには細心の注意を払っていると思います。(もちろん個人によります。)

人権が尊重される文化 + ドライな人間関係

人権が尊重される文化があるので、強要されることはあまりないです。

例えば、飲み会も普通に断れますし、パワハラやセクハラにもしっかり対策してくれています。

仕事とプライベートを完全に切り分けている人が多いので、定時を過ぎるとさっさと帰ります。

世界のヘイショー

既婚者は、家族や子育てを大事にしている人は多いです。素晴らしいと思います。

とはいえチームで働いていると、人間関係での衝突はやはりあります。

これもドライな方法で乗り越えることが出来るので、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事 仕事の人間関係がうまくいかない時の対処法【辛い】

外資系企業で働くメリットとデメリットは?

メリットとデメリット

メリット

一番のメリットは、本社のアメリカで働く人たちのレベルが高いのでいろいろなことが学べる点です。

世界で流行っているセンスのよいツールを使うし、Webサイト運用ではユーザーテスト、ペルソナ解析、データ解析、ヒートマップ解析などを用いて合理的に進めます。

世界のヘイショー

日本人は割と思いつきで運用するイメージがあります。会社によるかもしれませんが。。

SEOではSERP対策に注力していたり、僕も知らないようなおもしろいツールを紹介してきたりするので、勉強になります。

デメリット

上記でも述べましたが、クビになるリスクは高いので、転職しにくい年齢になった時に不安に思えるかもしれません。

外資系企業に好まれる人の特徴

こんな感じですかね。

  1. 論理的な話し方が出来る
  2. 数字に強い
  3. 専門性がある
  4. 爽やか
  5. 運がよい

まとめ

ちなみに外資系に転職するには、転職エージェントを利用するのが一般的です。

登録は無料なので、一度コンサルタントと話してみることをおすすめします。

関連記事 外資系転職エージェント&求人サイト12選【海外就職もOK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です