オーストラリア留学後にフィリピンで就職した理由。ドン底だった頃。

ハワイで働き始める前にフィリピンで1年ちょっと働いていたのですが、この時の話をさせていただきたいと思います。

あれはたしか2012年の後半あたり。

オーストラリアでWeb制作の専門学校に1年間通った後の就職活動は、とても厳しいものでした。

オーストラリアで就職活動をしてもカスりもしなかった

思い描いていた計画ではオーストラリアの現地の会社に就職するつもりだったのですが、オーストラリアでの就職活動は苦難を極めました。

というのも私が住んでいたアデレードという街は割と田舎だったので、そもそもIT企業が少ない

私が調べたところ全部で40〜50程度の会社の数しかなかったのですが、全ての会社に「まずはインターンから始めさせてくれ」とメールしたものの良い返答は無く。。。

シドニーでインターンを検討

シドニーでエージェントを通してインターンを申し込む選択肢を検討したのですが、登録に結構なお金がかかる上にIT系の案件は少ないので見つからない可能性もあるとの事。

さらにオーストラリアではIT系の労働ビザ取得には年収600万以上(確かこのくらい)という条件があり、インターンで成果を残しても、その後経験の浅い私にこのような高給を払ってくれる可能性は皆無だった訳で、この時点で「無理なんだな〜」と悟りました。

日本でも仕事が無い

その後日本の大阪で就職活動したのですが、上手くいきません。

IT業界未経験の私は英語力や海外経験をアピールするしかなかったのですが、そもそも日本のIT企業の制作サイドには英語力など必要ない

営業ならOKと言ってくれる会社はありましたが。

粘り強く就職活動をした結果、ようやく採用してくれた会社が一つ。

給料が月額15万円。残業はエグい。仕事内容はバックエンド寄りのプログラマー。(私が学校で勉強したのはフロントエンドのWEB制作でした。)

5年後にはモノになるように鍛えるから、修行のつもりで来い

社長さん

世界のヘイショー

5年もかかるのか。。

葛藤の結果。。

この時自分が思ったのは、今の自分のIT業界での価値はクソみたいなもんなんだなと。

ただ、仮にこの会社に就職しても5年間の激務・安月給の後に何が残るのか。

そもそも、日本でバックエンド寄りのプログラミングの仕事を全くの未経験から始めるのでは、オーストラリアの学校でWebを勉強した意味が無かったのではないか。

こういった理由により、気に入ってくれた社長さんには申し訳なかったものの辞退させていただきました。

東南アジアで現地就職を試みる

この時点で私の選択肢はもう東南アジアしかありませんでした。

以前シンガポールで現地就職した時の経験から「東南アジアでは未経験でもチャンスがある」ということを知っていたので、ここでの起死回生のチャンスにかけてみるという計画でした。

候補地は英語の通じるシンガポール、バリ島、フィリピン

現地の生活情報サイトを見たところ、バリ島フィリピンでは意外にもWebデザイナーの求人がいくつかあった。。!!

全部に応募したところ、バリ島の会社1件とフィリピンの会社1件から採用通知が。。!!

バリ島の会社の労働条件

業務内容はツアー会社のWeb制作、運営など。待遇は月給5万円。週休1日。有給なし。

ただし社長さんの話では、これはあくまでスタート時点での話で、仕事が出来るようになればどんどん上げていくとの事。

バリ島は好きだったので、このような過酷な条件でも飛び込んでみたい気持ちはありましたが。。

世界のヘイショー

バリに住んでみたいけど、労働条件きびしすぎやろ。。

フィリピンの会社での労働条件

聞いていた話では、業務内容はECサイトの制作、運営。待遇は基本給14万円+ボーナスが月最大8万円。勤務地はセブ島。

確実に労働条件はこっちの方がよかったので、こちらのフィリピンの会社に決めました。

世界のヘイショー

フィリピンでこの待遇はかなりいいね!よかった~!

めでたしめでたし。

 

といけばよかったのですが。

実際には、聞いていた話と全然違いました。。

まぁ労働条件を書いた書面をもらってなかった自分が悪いですが。

その時の話はこちらの記事をご参照ください。

フィリピン就職の罠。悪徳ブラック企業に騙された話

ただし、この時採用してくれた会社には今でも感謝しています!

IT業界の経験が無かった自分にチャンスをくれた訳ですから。

ありがとうございました。

苦労したけど、この時の経験がバネになった

こうやってWeb業界に足を踏み入れることが出来た訳ですが、この時は本当に胃が痛かった。お金もなかったし。

ただし、この経験があったからこそフィリピンで働き始めてからも努力し続けることが出来たので、今思えば良い経験だったと思います。

今後Web系の海外就職を目指している方がいれば、参考にしていただければ幸いです。

毎日がガチンコ勝負。この気持ちで頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です