【体験談】海外就職で働くには?求人の探し方&アジア~アメリカ転職の方法

海外就職で働くには?

こんにちは、世界のヘイショーです。

この記事では、海外就職を実現する方法を具体的に説明させていただきます

具体的には、以下の内容について体験談を織り交ぜつつ解説します。

  • 方法 – 駐在、現地採用、ワーキングホリデー
  • アジアか欧米か?
  • おすすめの国
  • 具体的な手順(Step by Step)
  • 求人、エージェントの探し方
  • 新卒、高卒へのアドバイス
  • 必要な英語のレベル

ちなみに僕はアメリカ・ハワイ(3年半)、シンガポール(1年)、フィリピン(1年半)、オーストラリア(2年/これはバイト&留学)で働いた経験があります。

日本で新卒就職→ワーホリ→アジア就職→IT留学→アジア就職→アメリカ就職とStep by Stepで進んできました。

よく「海外で働くにはどうすればよいの?」という質問をいただくので、効率の良い方法をお伝えします。

応援メッセージ:
迷っている方や、「海外就職なんて絶対無理」と思っている方は、何とかチャレンジして頂ければと思います。本気で頑張れば絶対に出来ますよ!文系三流大卒でかつて未経験英語力ゼロスキルゼロだった私が言うんだから間違ありません。

駐在か現地採用か?

海外就職の種類。駐在 or 現地採用

海外就職の方法として、大きく分けて2種類の方法があります。

  • 海外駐在…日本の会社に就職して、海外に転勤する
  • 現地採用… 海外の会社に直接就職する

海外駐在の難易度

シンガポール、フィリピン、アメリカのハワイで駐在の方とお会いする機会がかなり多くありました。というか同僚でいました。

世界のヘイショー

海外駐在の難易度は、はっきり言ってです。

会社からそれなりに期待してもらわないといけないし、海外の空いているポジションに適していなければなりません。

行けたとしても重要な役割を担うケースが多いので、残業とかもありまくりで忙しい可能性は高いです。

海外駐在がおすすめな人
  • 会社でのキャリアを優先するけど、できれば海外で働きたい
  • 今の会社の仕事が好きなので辞めたくない
  • リスクを取るのが好きではない

現地採用の難易度

海外の求人に直接応募する訳なので、「海外就職」を目指している人にとってはこちらの方が現実的です。

そこまで重要な役割を担うことは少なく、残業はほぼ無いので海外生活を楽しめると思います。

将来を不安視する人は多いですが、海外で働く日本人は貴重なので頑張れば会社から大切に扱ってもらえると思います。

世界のヘイショー

現地採用からスタートしてのし上がっていく人は何人も見ました。
現地採用がおすすめな人
  • とにかく海外で働きたい
  • チャレンジが好き
  • 捨てるものはない

ワーキングホリデーという制度もあり

オーストラリアのワーキングホリデー留学

海外就職と呼んでよいのかわかりませんが、ワーキングホリデーと言う1年間海外で働くことができるビザがあります。

仕事は自分で見つける必要がありますが、「少しだけ海外で働いてみたい」と思う人には最適です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事 オーストラリアのワーキングホリデーについて詳しく解説
関連記事 オーストラリアのワーキングホリデー体験談。留学よりも英語が上達する方法

アジアか欧米か?

結論から言うと、20代でスキルがある、もしくは野心の高い人は欧米を目指すべきだと思います。

世界のヘイショー

なぜならアジアではいつでも働けるから。

僕は日本の会社で激務に耐えて、留学して必死に英語を勉強した後にシンガポールの大手企業に現地採用で就職したのですが、周りの人のレベルの低さにがっかりしました。

同僚には元スーパーの社員みたいなキャリアが無い+英語も大して話せない人が多かく、英語も英語圏では無いのでそんなに伸びなかったです。変な発音が身に着きます。

世界のヘイショー

生意気ですみません。。ディスっている訳ではなくて、自分の感想を正直にお話ししています。

「アジアではいつでも働ける」と考えた僕は、欧米で働くためにはどうすればよいのかを研究し、努力しました。

関連記事 英語圏への海外就職を目指すためにWebデザイナーへの転職した理由

アジア→欧米へステップアップするのもあり

簡単に言うけど、欧米で働くとか難易度高すぎでしょう。

ふきげん猫ちび

世界のヘイショー

たしかに欧米で就職することは難しいし、運も必要です。ただし方法はあります。
欧米で海外就職する3つの方法
  • アジア就職→欧米就職へステップアップする
  • アメリカでJ-1ビザで働く
  • カナダやオーストラリアでワーキングホリデー → 現地採用

欧米就職で必要なものは運以外で言うと自分の職種でのスキルと実績英語力なので、これらを継続的に伸ばしつつ求人が出た時に自分の元に情報が入るようにしておけば実現できる可能性は高いです。

海外就職を実現するための手順

以下の3つを継続すれば必ず海外就職できます。

逆に言うと、海外就職を目指すのであれば必ず取り組まなければならない内容です。

① 自分の専門分野を見つけて、スキルを磨く

海外の会社は基本的に日本の会社以上に即戦力を探しています。

中途採用で、いつ帰国するか分からない人を雇うんだから当然と言えば当然ですよね。

その際に必要になってくるのがスキル経験です。

世界のヘイショー

大事なことなので何度でも言わせてください。

ただし自分の専門分野は①自分の好きな仕事であること②将来性があること③海外就職に強いもの、であることが望ましいです。

関連記事 海外移住に有利な仕事8選。おすすめ職種、年収例、方法など詳しく解説

② 英語を勉強する

IELTS(イギリス英語用)やTOEFL(アメリカ英語用)のような世界的に通用する+実際の英語力が伸びるカリキュラムに取り組むのが良いと思います。

TOEICのスコアは何の役にも立たないし、実践の英語からもかけ離れているので不要です。

③ 求人をまめにみる

求人サイトをまめに見るのもよいですが、一番確実なのは外資系の転職エージェントに「~の~な求人があったら必ず連絡して」と声をかけておくことです。

楽だし漏れがなくなります。

労働ビザについて

海外で働くには労働ビザが必要なんでしょ?僕でも取れるの?

ふきげん猫ちび

世界のヘイショー

Good Question.

国によって事情が違うので、参考として4つの国の事情をまとめてみます。

労働ビザの事情
  • アメリカ... J-1ビザはおそらく欧米でもっとも簡単に取得できる労働ビザです。ただし罠が多いので注意が必要。その他の労働ビザはトランプ大統領就任後、発行がかなり難しくなりました。アメリカの労働ビザの話は長くなるので、「アメリカ・ハワイ就職で必要な労働ビザと難易度。J1、H-1B、E、Lなど」の記事をご参照ください。
  • シンガポール… 現地就職して、会社に任せておけば一瞬で取れました。大卒であれば取りやすいです。年齢やキャリアによって最低賃金が設定されているので、その条件を会社が出してくれるのであれば労働ビザは取得できます。
  • フィリピン…観光ビザで1年半くらい滞在できるので、違法ですが観光ビザで働いている人が多いです。ただし最近は取り締まりが多いのでおすすめはじません。労働ビザの発行はそれほど難しくないですが、観光ビザの事情があるので怠る企業が多い印象です。
  • オーストラリア…アメリカと同じくかなり難しいです。最低賃金とかあるし、IELTSのスコアも必要だったりします。方法としては「オーストラリアで不足している職種」の学位や就業経験を積むと労働ビザを取りやすいです。

注意点:その企業が過去に労働ビザを発行した経験があるかどうかを確認すること

現地のスモールビジネスのオーナーと仲良くなる、もしくはアルバイトで実力が認められて「労働ビザを出すからうちで働いてくれ」という誘いがあることもあるようです。

ここで注意したい点は、その企業が過去に労働ビザを発行した経験があるかどうかです。

大手企業であれば経験もあるし問題ないと思いますが、小規模の会社だと向こうもトライしながら進めるケースが多いので、トラブルが発生することがよくあります。

自分の場合(フィリピン時代)

世界のヘイショー

労働ビザいつ発行してくれるの?契約する時に約束したよね?
その件だけど、実はうちのオフィスのサイズだと労働ビザを発行できる人数が3人までと決められているんだ。だから君の労働ビザは発行できない。

人事

飲み会の楽しい席で言われたので、「そうか、仕方ないですね。」と簡単に納得しましたが、今考えるとランチョンテクニックでした。もちろんその後に転職活動しました。

友人の場合(ハワイ時代)

これから日本人を雇っていきたいから、労働ビザを支給するから働いてくれる?申請が下りるまで時間がかかるかもしれないけど。。

人事

友人

やったー!いつまでも待ちます!

6カ月後…

ごめん、申請が通らなかったの。。

人事

友人

え~!?6カ月も待ったのに。。

どちらが悪いという話ではなく、政府の気まぐれによって決まったことなので仕方がありません。

ただ運に左右されるような話に自分の人生を賭けると、ダメだった時のショックが大きいです。

おすすめの国ランキング

1位 ハワイ

魅力的な観光地である他に、職場環境としては親切な人が多いし、英語もゆっくり話す人が多いので聞き取りやすいです。

日本人観光客が多いので、日本人を募集している求人も多いです。

アメリカ就職では一番難易度の低い州だと思います。

関連記事 ハワイ就職&求人&転職方法。お勧めの仕事、ビザサポート、新卒で働くコツ

ハワイ就職がおすすめな人
  • ビーチやハイキングが好き
  • 年中温暖で天気のよい土地に住みたい
  • 観光 or 不動産業界の経験がある、もしくは興味がある
  • 節約生活に問題が無い
  • 英語圏の国に住んだ経験があって、言葉の問題でつらい経験をした
    →ハワイの人は親切で、日本人の英語力にもかなり許容力があります

2位 オーストラリア

ハワイと同じ理由で、親切でおもしろい国民性が一番の魅力です。

経済も将来性があるし、オーストラリアで就職して永住権が取れれば生きやすい人生が送れるかもしれません。

関連記事 オーストラリア就職を実現させる方法。求人、労働ビザ、仕事の種類

オーストラリア就職がおすすめな人
  • 以前にオーストラリアに行ったことがあり、住みたいと思った
  • ある程度英語が話せて、ネイティブ並みの英語力を目指している
  • 天気のよい場所が好き
  • 節約生活に問題が無い
  • 貯金があり、長期的な計画を建てる時間がある

3位 シンガポール

一番の魅力は、週末に近隣のリゾートに小旅行できるところでしょうか。

バリ、プーケット、バンコク、マレーシア、セブ、インド、ベトナムなど、どこでも近いです。

あと労働ビザが取りやすいので、難易度はかなり低めです。

日本では書類選考で落とされそうな大手企業に意外と入れたりします。

関連記事 シンガポールの求人・就職情報&仕事探しのコツと体験談

シンガポール就職がおすすめな人
  • 英語は難しい単語とかを割と知っている(TOEICスコアが高い)
  • 中国語も勉強したい
  • 海外で働きたいけど、アジアの発展途上国は嫌だし、欧米は難しすぎる
  • とにかく労働ビザが取りやすい国を探している

4位 フィリピン

アジアの中では一番英語が勉強しやすい環境です。

ただ発展途上国なのでタフさが求められますが、良い経験になるでしょう。

関連記事 フィリピンの仕事・求人情報。マニラで現地採用へ転職した経験談

フィリピン就職がおすすめな人
  • アジアの中で一番英語が出来る環境がよい
  • フレンドリーな国民性が好き
  • 危機管理に自信がある
  • まずは英語力を磨いてステップアップしたい

海外就職のメリットとデメリット

まとめると以下の通りです。

メリット
  • 残業が無い
  • パワハラが無い
  • 仕事中に雑談したりして楽しく仕事ができる
  • 上司とか部下とか関係なく、やりたいことを自由に発言できる
  • 日本に帰国した時に好待遇の外資系の会社に入れる
  • 男性の場合は、帰国後に女性からモテる
  • 女性の場合は、海外在住中にモテる
デメリット
  • 年金を積み立てることが出来ない
  • 将来のキャリアパスについて悩むことが多い
  • お金が貯まりにくい
  • ビジネスのレベルが低い場合が多い

関連記事 【自由な働き方ができる】海外就職のメリットとデメリット【体験談】

日本でブラック企業を避けるためにアジア就職もあり

今まで会った何人かの友人に、海外で働いている理由を聞いたことがありました。

世界のヘイショー

なんで海外で働いてるの?
韓国では仕事を見つけるのが難しいのでチャンスの多いフィリピンに来ました。一言で言うと「サバイバル」のためです。(※韓国人の友人です)

フィリピンのHさん

新卒の就職活動に失敗したんですよ。日本では僕を評価してくれる会社が無かったので、海外で修業しようと思いました。(※同じような理由の方が数人いました)

シンガポールのYくん

美容師業界では、日本はレッドオーシャンだからね~。

ハワイのSさん

という僕自身も、オーストラリアの専門学校を卒業した後に日本で就職活動したのですが、ブラック企業からしかオファーがなかったためフィリピンの会社で就職しました。

日本で激務&薄給で働くのであれば、アジアで残業の無い会社で働いた方がよいです。

会社で消耗しない分、勉強したりブログ書くことも出来ます。

僕はその功績が認められて、結果としてハワイ就職できました。

世界のヘイショー

アジア就職で腕を磨くのもおすすめです。

新卒や高卒である海外就職を目指す方法

新卒や高卒で海外進出を決意するという判断は、大正解だと思います。

早い時点で広い世界を見て自分のやりたいことを見つけることは人生を楽しむための近回りだと思います。

好きなこと、やりたいことが決まったら、海外で日本人、未経験OKで働かせてくれる会社を探します。

ふきげん猫ちび

そんな会社簡単に見つかるの?

世界のヘイショー

住む国と給料を選ばなければ簡単に見つかるよ。

仮にあなたが希望する条件が、英語圏+年収400万以上とかであれば、「未経験(職種に対して)+英語が話せない」というスキルセットでは厳しいです。

ただしアジアでは日本人の需要が高いので、未経験でも現地の物価を考えると十分なお給料がもらえる仕事が割と簡単に見つかります。

もしやりたいことが分からないのであれば、ワーキングホリデーでアルバイトして海外生活を経験してみるのもよいでしょう。

関連記事 オーストラリアのワーキングホリデーについて詳しく解説

海外求人を扱う現地の生活情報サイトから求人を見つける

手間はかかりますが、転職エージェントを使っても駄目だった場合や、未経験の場合などはこの方法がよいと思います。

僕がフィリピンで就職した時はこの方法でした。

ただし、ここで紹介される求人は後述する転職エージェントと違って大した審査を通っていないため、詐欺っぽい求人やブラック企業も多く混ざっているので注意が必要です。

関連記事 フィリピン就職の罠。悪徳ブラック企業に騙された話

以下のサイトから探してみてください。

日本の外資系転職エージェントから海外の求人を定期的に紹介してもらう

僕がアメリカ・ハワイ就職を実現した方法がこれです。

世界のヘイショー

方法は簡単。登録して、待つだけ。

担当者の人が自分に合う求人を選定して、定期的に送ってきてくれます。

エージェントと企業は継続して付き合いがあるので企業は変に応募者をだますことは出来ないし、エージェントも合わない人材を紹介することはありません。

問題点としては、持っているスキルセットにニーズが無い人には求人が回ってこないことでしょうか。。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事 外資系転職エージェント&求人サイト ランキングTOP8!海外就職も…

必要な英語のレベル

英語が第一言語のお客さんと直接話す仕事の場合

英語圏の国のB to Bビジネスの営業とかになると、正直言ってネイティブ以上の英語力が必要になります。

よって、日本人がこの職種を目指すことは不可能だと考えた方が良いです。

僕は以前シンガポールの会社で「オーストラリアで働かせてください」と上司に懇願したところ、上記の理由により「絶対無理」と言われたことがあります。

関連記事 英語圏への海外就職を目指すためにWebデザイナーへの転職した理由

ただしレストランのウェイター、ウェイトレスなどのサービス業であれば、ある程度の英語力で就業は可能です。

日本食レストランとかであれば現地のお客さんも大目に見てくれると思います。

ただし、よくオーストラリアの友人が文句を言っていたのは、「日本人のウェイター、ウェイトレスでよく分からない発音で早口で話す人が多いから、あれやめて欲しい」と言っていました。

世界のヘイショー

ゆっくり聞き取りやすい英語を心掛けた方がよさそうです。

社内コミュニケーションが中心の仕事の場合

ESL(英語が第二言語の人たちのこと)の方々が活躍する機会が多いのがこちら。

英語圏の国で働く場合は、現地の大学や専門学校を卒業するくらいの英語力は求められます。

アジアで働く場合は、コミュニケーションが取れればOKくらいの感覚です。

フィリピンで働いていた頃、英語が全然話せない同僚がいたのですが、頑張って勉強していたし周りのスタッフも暖かく応援していたようです。

スピーキングよりもライティング、リーディングの能力の方が重要な場合が多いです。

技術職の場合 

コミュニケーションが取れればOKです。

専門スキルが高ければ高いほど、要求される英語のレベルは下がると考えてよいです。

会社の人も、「英語は入社してから覚えればよい」くらいに考えていると思います。

つまり、海外就職を目指す人はこのポジションを狙うべきだと思います。

英語を覚えてから海外就職するよりも、海外就職してから英語を覚える方が効率的です。

大事なことなので何度も言いますが、「まずは自分のやりたいことを見つける→そのスキルを磨いて、少しづつステップアップする」というフローで行きましょう!

日本語能力を生かした技術職の場合

こちらの場合はさらに要求される英語のレベルが下がります。

例えば僕はハワイの会社ではざっくり言うと「日本語のWebサイトを作る+マーケティングする」という仕事をしていたのですが、僕がどれだけ下手な英語を話しても問題になることはありませんでした。

このような職種の場合、英語は話せるにこしたことはありませんが、仕事の評価にはあまり関係しません。

ではどのような職種がこれにあたるのかというと難しいですが、Web系に興味がある人は僕と同じような仕事を見つけることをお勧めしますよ。

必要な英語の準備

必要な英語のレベルと準備

僕は海外に出る前にある程度を英語を勉強してから行ったのですが、過去の自分にアドバイスを贈るとしたら以下のような内容になると思います。

  • 発音の勉強を一番初めにする
  • オンライン英会話で1日30分勉強する
  • 頻出表現を丸暗記する
  • TOEFLIELTSを勉強する

英会話はオンライン英会話で1日30分スピーキングに慣れればOK

オンライン英会話

今の時代の方々がとても羨ましいと思うのが、オンライン英会話がとてもリーズナブルなところです(これからどんどん値上がりすると思いますが)。

机に向かって勉強するよりも全然楽しめますしね。おすすめの勉強方法は、オンライン英会話で発音の勉強、表現の暗記をすること。

あと日常会話が苦手な方はフリーカンバセーションで会話を続かせれるようにしておいた方が良いです。

関連記事 【初心者向け】オンライン英会話の始め方、おすすめスクール、準備etc

資格、勉強はTOEFLかIELTSのスコアを目指す

今までいろいろな勉強法を試してきましたが、一番役に立っているのがIELTSの勉強をしていた時のこと。ちなみにIETLSはイギリス、オーストラリア版TOEFLみたいなものです。

TOEICの勉強をしても海外では資格自体の認知度が無いので特典が無いし、英語力もあまり伸びません。

関連記事 オーストラリア留学に必要なIELTS(アイエルツ)とは?高スコアを取る対策を伝授

最後に

このブログには体験談やヒントなどが沢山詰まっているので、いろいろ読んでみてください!

質問やコメントなどありましたら、各記事のコメント欄に書き込んでいただけると返信します!

ご精読ありがとうございました。

人気記事 外資系転職エージェント&求人サイト ランキングTOP8!海外就職も…
人気記事 オンライン英会話最安値。ネイティブキャンプの感想&レビュー

2 COMMENTS

ナツコ

はじめまして。
ナツコと申します。
25歳です。

留学体験談の記事を読ませていただきました。
とても留学したくなりました。

私は去年やっと自分に合う仕事を見つけることができて、今年からwebデザイナーのアルバイトをしています。
同時に英語も習得したくなり、一から勉強に励んでいます。
ボロボロな職歴をどうにかしようと、来年の秋頃留学をしようと思っています。

webデザイナーとして働きたいのですが、やはり就職しやすいのはフィリピンでしょうか。

フィリピンで英語力とスキルを磨きつつ、欧米国に転職というのはよく見かけますが、世界のヘイショーさんにとってもその方法がおすすめなのか知りたいです。

返信する
世界のヘイショー

フィリピンなどのアジアの国の方が就職は見つけやすいと思います。
おすすめの方法は詳しい話を聞いてみないと難しいですが、以下の3パターンになると思います。
①アジア就職→欧米就職
②欧米の現地で専門学校または大学に行って現地で就職する
③転職エージェントから欧米駐在の案件を紹介してもらう
若いのでカナダやオーストラリアなどのワーホリでWebデザインのバイトやインターンを探してもよいかもしれません。

欧米での就職は難易度が高いので、英語力とWebデザインのスキルをなるべく上げれるような選択肢をチョイスする必要があると思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です