ハワイ・ワイキキの人気ナイトクラブ4選

ヘイショー

ハワイのクラブに行ったことはありますか?

ハワイと言えば、ビーチやハイキングなど昼間のアクティビティが有名ですが、個人的には夜のクラブやバーも楽しんでいます。

そこで今日は、ハワイのクラブ情報をお伝えします。

ハワイのクラブには特に危険な場所はありませんが、カジュアルなものからセレブ向け、ローカル向け、観光客が多いもの、日本人が多いものと、様々な種類があります。

ですから、事前にリサーチしておくことをお勧めします。

ヘイショー

私がハワイに来たばかりの頃は、どのクラブが流行っているのかインターネット上にも情報が少なく、全く分からなかったのですが、3年ほど住んでいると、どの曜日にどのクラブが良いかをすぐに答えられるほど詳しくなりました。

なので、ハワイのクラブ事情について詳しく知りたい方は、この記事を読んで予め調査しておくと良いでしょう。

クラブでのドレスコード

さて、クラブに行く際に注意しなければならないのはドレスコードです。

ヘイショー

ハワイとはいえ、最低限のドレスコードは必要です。

男性は襟付きのシャツ、靴でないと入れない店もあるのでご注意ください。

ヘイショー

タンクトップやサーフショーツ、ビーチサンダルといった海に行くような服装は避けた方が良いです。

女性は比較的どんな服装でも入れるお店が多いのですが、せっかくお洒落できる場面なので、カジュアルすぎないワンピースでいつもと違うおしゃれを楽しむのも良いでしょう。

ヘイショー

スカイワイキキなど革靴必須といったドレスコードに非常に厳しいお店もありますので、詳細は各店の情報を事前に確認しておくことをお勧めします。

必要な持ち物

身分証明書が必ず必要になるので、持参ください。

ヘイショー

日本の免許証だと断れられる可能性があるので、パスポートを持っていくのが確実です。

あとはクレジットカードが20ドル以上の会計でないと使えなかったりするので、お酒を飲む人はキャッシュを持っていくと良いです。

Sky Waikiki(スカイワイキキ)

ハワイで一番ラグジュアリーなクラブと言えばここですかね。

平日はバー的な存在ですが、金土の夜にはクラブとして営業しています。

一番の魅力は、バーのエリアから一望できる絶景です。

フロアとバーが分かれている

スカイではDJが音楽を鳴らすフロアと、景色を見ながら静かにお酒を飲めるバーエリアとに分かれています。

うるさい音の中で話すのが苦手な方にとってはかなり良いです。

バーエリアは座るところがないので少し疲れますが。。

カバーチャージ

カバーチャージは25ドルと高めですが、金曜日の夜は女性無料。

また、11時までの入場であればローカルIDを提示すれば男女共に無料で入れます。

厳しいドレスコード

スカイはドレスコードが厳しいで有名で、私も一度真っ黒のスニーカーを履いて行った時に入場拒否をされた苦い経験があります。

男性はシャツと革靴必須、ジーパンNGです。

女性のドレスコードは詳しくは分かりませんが、舞踏会に行くようなドレスを着ている方が多いと思います。

客層

客層は結構様々で、観光客もローカルもいます。

ドレスコードが厳しいのでハイクラスな方が多く、有名人も何回か見かけたことがあります。

バッチェラーパーティーや誕生日パーティーの団体も多く見かけます。

お酒は高めです

昔このクラブで友人と盛り上がってカクテル4つ注文したら68ドルを請求されたことがありました。

お酒の値段は買う前に必ず確認した方が良さそうです。

Sky Waikiki(スカイワイキキ)
・住所:2270 Kalakaua Avenue, 19th FloorGoogle Mapで見る)
ウェブサイト: https://skywaikiki.com
クラブの営業時間:10pm – 2am(金土)

Rum Fire(ラムファイヤー)

シェラトンワイキキにある高級感のあるバーですが、木金土の夜はクラブになります。

フロアはすごく狭いですが、屋外のバーエリアが広くし、海沿いなのでかなりロマンチックな雰囲気を醸し出します。

カバーは10ドルと安めですが、ドリンクはスカイ並みに高いです。

しかもバーが混んでいるので注文するのにすごく時間がかかります。

ただ雰囲気はすごく良いので、「ハワイのクラブに来た」という気持ちになれると思います。

ドレスコードはスカイほどは厳しくはありませんが、短パンとかビーサンでは入れないと思います。

 Rum Fire(ラム・ファイヤー)
・住所:In Sheraton Waikiki 2255 Kalakaua Avenue Honolulu HIGoogle Mapで見る)
ウェブサイト: http://www.rumfirewaikiki.com
クラブ営業時間:木 – 深夜0時まで、金土 – 深夜1時半まで

Play Bar(プレイバー)

ワイキキの分かりやすいロケーションに位置しているクラブです。

音楽は他と違ってヒップホップが多めで、客層は他のクラブと違ってかなりローカルな印象です。

お店の前でケンカが起きていることを何回か見たことがあるので、少し注意して行った方が良いかもしれません。

カバーは9時までは無料、深夜12時までは5ドル、それ以降は10ドルみたいな感じで上がっていきます。

平日の割に盛り上がる水曜日

プレイバーは水曜日がお酒が2ドルくらいになるプロモーションをしています。

ただ安くなる分、客層は少しガラが悪い印象を持ちました。

Play Bar Waikiki(プレイバー ワイキキ)
・住所:2310 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815(Google Mapで見る)
営業時間:9:00AM – 4:00 PM

Lulu’s(ルルズ)

普段はレストランなのですが、月曜日の夜にはクラブになって多くのローカルの若者で賑わっています。

ちなみに月曜日はサービス業界で働いている人はカバー無料、ドリンク半額で飲めるらしいです。

ただし、バーエリアとかも無いので、会話することがかなり難しいです。

ヘイショー

個人的には音量がバカでかいのであまり好きではありませんでしたが、爆音で音楽を楽しみたい人には良いかもしれません。

Lulu’s Waikiki(ルルズ・ワイキキ)
・住所:2586 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815(Google Mapで見る)
ウェブサイトhttp://www.luluswaikiki.com
営業時間:深夜2時まで

まとめ

もしも閉店している、または新しい情報があればコメントいただけると嬉しいです。

ヘイショー

楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です