海外就職&留学のLINE質問グループを始めました

中国・万里の長城の危険な旅行記

今日は中国・ 北京の万里の長城にて経験した恐怖体験を執筆します。

友人Oと中国の北京へ旅行に行った時の話です。

万里の長城への観光を計画していた私と友人Oは、 貧乏旅行をしていた為にツアーには参加せず、 公共の交通機関で向かう事にしました。

北京の街からバスで片道3、4時間くらい。

道中のバスではアウェーの雰囲気を感じながらも、目的地に到着。

バス停から目当ての万里の長城まで山を登るようにひたすら歩きました。

念願の万里の長城へ

万里の長城

万里の長城は山の高地にあるので景色がすごくきれいで、 永遠のように続く壁の上を歩く様は何か別世界に来たような感じさえもしました。

壁の上を2、3時間くらい歩き、 一応ゴール地点のような場所に到着。

ヘイショー

帰り道は行きと同じ道を通るのか~。
しんどいな~。

友人O

と話していたその時、 城壁からバス停まで直行できるジェットコースターらしきものを発見!

ヘイショー

ジェットコースターに乗れてバス停にまで行けるんやったら一石二鳥やな!

安易なノリでジェットコースターに乗車しました。

しかし。

これがとんでもない災いを招くことになろうとは、この時は知る由もありませんでした。

見知らぬ土地へ辿り着く

ジェットコースターを降りた後。。。

どこだここは!

友人O

ヘイショー

行きのバス停の場所と違う。

その場所で停車しているバスは、明らかにツアー用の豪華なバスばかりでした。

いくつかのバスに北京の街まで乗せてくれるか聞いてみましたが、 答えは「NO」。

そもそも英語が全く通じないので、 人とコミュニケーションが取れません。

取れたとしても漢字の筆談だけになるので、 込み入った内容の話はできなかったのです。

熊が登場!さらにオッさんと口論に!

途方に暮れながら近くを歩いていると、 岩で隔離されたスペースの中に熊を発見!

ヘイショー

何でこんなところに熊がいるんだ!

驚きながらも、目の前に置いてあったリンゴの切れ端を投げてエサをあげて、束の間の休息を楽しんでいたその時。

どこからともなくオッサンが登場し、餌代を請求してきました

餌代払えよ。

おっさん

ヘイショー

え!先に言えよ。

文句を言うとこのオッサンと口論に発展しましたが、リンゴを投げてしまった以上払うしかない状況だという事を悟り、止むを得ずお金を支払うことに。

中国の恐るべきしたたかさを痛感した瞬間でした。

日が暮れる前に帰り道を探さなくては。。

そんなこんなしている内に日も暮れてきたので、 いよいよバス停に帰る方法を考えなければなりません。

聞き込みをしていると、親切な人が教えてくれました。

山道の道路を真っ直ぐ歩くとそのバス停に辿り着くらしい。

いざその道を見ていると、 歩いている人は誰もいない完全な車用の道路だったので、 大丈夫か?と不安になってためらっていると、通りがかったタクシーの運転手が話し掛けてきました。

この道からバス停まで歩くと2、3時間くらいかかるよ

タクシーの運転手

ヘイショー

ここを2、3時間歩くのはさすがに怖いな。。タクシーでいくらかかるの?
○○元だよ。

タクシーの運転手

とんでもなく高い料金を提示してきました

このオッサンが嘘をついているのか、 それとも本当にバス停がものすごく遠いのか。

山奥の見知らぬ土地で、 しかも日も暮れているこのタイミングでこの究極の選択を迫られた瞬間でした。

二人が出した結論は、「タクシーの運転手が嘘をついている」

二人の決断は、「このオッサンが嘘をついている」という事で、 歩く方法を選択。

腹をくくって山奥の道路を歩いていると、 15分ほどでバス停に着きました。

ヘイショー

。。。

やはりタクシーの運転手のオッサンが嘘をついていたのでした。

帰り道のバスでも事件が発生

万里の長城からようやくバス停でバスを捕まえる事が出来たのですが、ここでまた大事件発生!

小便が我慢できなくなってしまったのです。

ヘイショー

言い訳をしておきますが、万里の長城から北京の街まではトイレ休憩無しで3、4時間ぶっ続けのライド、しかも車内は足元が寒いのでかなり過酷な環境であったことも要因しています。

運転手に一旦停車してもらうよう頼もうと思いましたが、バスは高速道路を猛スピードで駆け抜けているので、ここで置いていかれようでもしたら死ぬかもしれないという予感がしたため断念しました。

ペットボトルの活用を試みる

最後の手段として、空のペットボトルに小便をする手段を決意

周りにバレないように後方の誰も座っていない座席に移動します。

しかし、「怪しいやつがいる」と思われたのか、皆が私に注目し始め、皆こっちを見始めました。

なんだあいつ。なんか怪しいな。

乗客

作戦は中止。

ヘイショー

もうバスを下車して立ちションするしかないな

と覚悟した瞬間でした。

バスの運転手に途中下車を告げに行く

覚悟した私に、友人Oが感動的な言葉をかけてくれました。

死ぬ時は一緒だ。俺も一緒に下車するよ。

友人O

覚悟を決めた僕たちは、バスの運転手に話しかけに行きます。

ヘイショー

オシッコがしたいからここで降ろしてくれ

言葉で言っても通じないので筆談でも伝えますが、これが通じない!。。

一刻を争う事態であった私は、皆が見ている前でオシッコをするジェスチャーを大袈裟に披露

恥ずかしめを受けながらも、ついに運転手に伝えることができました。

緊急事態を察知した運転手はバスを一時停止してくれ、ついに地獄の苦しみから解放されました。

驚きの結末が。。!

ヘイショー

バスはもう行ってしまっただろうな。。どうやってここから帰ろうか。

と思いながら思って振り返ると。。。

感動的な事にバスが私達を待っていてくれていました!

運転手とバスの乗客の皆さんにお礼を言い、おじぎしながら席に戻りました。

中国人の方々の優しさに触れる事ができた出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です